マタニティブルー

家族をはじめ、周りの人たちサポートが必要

一般的に産後2~3日目になると、わけもなく涙が出てきたり、家族の日常的な言葉が気になって、悲しくなることがあります。これが「マタニティブルー」です。(産前にもなる場合有り)

産後を境にして、いままで盛んに分泌されていた女性ホルモンが急激に低下し、ホルモンの状態が急激にと変わるため、自律神経系に影響し、自分の自覚のあるなしにかかわらずあらわれます。

また、分娩や慣れていない育児の疲れ、睡眠不足、家でひとり育児にとり組まなければならない孤独感や不安などのストレスが重なり、感情が不安定になりやすくなります。

具体的な症状は、情緒の不安定なことから起こる不眠、食欲不振、軽ウツ状態になりやすくなります。多くの人は産後2~3日目がピークで、産後1カ月ぐらいを目安に消えていきます。

これは珍しいことではなく、多くのママが経験をしています。特に責任感の強い人や完壁主義のママは、マタニティブルーになりやすく、育児ノイローゼになってしまったりもします。 妊娠中のつわりと同様個人差がありますが、あまり考え過ぎないようにしましょう。