便秘

べんぴ

妊娠中は黄体(おうたい)ホルモンの影響で腸の動きが低下します。 子宮が大きくなるにつれて、次第に強く圧迫されて動きが妨げられます。おなかが大きくなると動不足になりがちになり、便秘になりやすくなります。

妊娠中はさらに便秘になりやすくなり、意識的に解消するように心がけましょう。 大切なことは規則正しい生活と適度な水分と食物繊維の多く含まれた食事です。

症状が重いと、痔(ヂ)になってしまいさらに悪循環になりますので、医者に赤ちゃんに影響のない便秘薬を処方してもらいましょう。