妊娠糖尿病

にんしんとうにょうびょう

妊娠をきっかけとして糖尿病の症状(血糖値が高くなる)が発症することをいいます。妊娠中に糖尿病の症状を発症するのが「妊娠糖尿病」で、もともとの糖尿病患者が妊娠することを「糖尿病合併妊娠」といいます。

おなかの赤ちゃんが巨大児になったり、重症の場合は、子宮内胎児発育遅延や先天性の障害が起こる可能性もありますが、妊娠中に食事療法やインスリン療法で血糖値がコントロールできていれば防ぐことができます。