流産

りゅうざん

妊娠22週未満の時期に、赤ちゃんがお母さんの体から外に出てしまうことをいいます。

流産は全妊娠の10~15%という高い割合で起きており、妊娠12週までの初期に流産した場合のほとんどが、赤ちゃん側に染色体異常などが起こり、それ以上成長できずに体から外に出てしまいます。流産が起こり始めてからは止めることはできません。