会陰切開

えいんせっかい

赤ちゃんが出てくるときに、会陰(膣の出口と肛門の間の部分)が十分に伸びていないと肛門や直腸まで裂傷してしまう可能性があります。 そうした状態のときに必要に応じて、ハサミで会陰を切開して赤ちゃんの出口を広げる処置です。

  1. 会陰が伸びにくいため、赤ちゃんが出るときに裂傷が起きると思われるとき。
  2. 赤ちゃんに危険が迫ったり、お産が長引いたりして、自然な誕生を待っている余裕がなくなってしまったとき。
  3. 鉗子分娩、吸引分娩など腟内に器具を入れる医療行為をおこなうとき。いずれの場合も安全のために行う行為です。