産後うつ病

さんごうつびょう

産後3ヶ月間はうつ病にかかりやすくなってしまうことをいいます。原因はホルモンバランスの急激な変化、子育てという新たな責任になどよる精神的なものです。 全体の10%が軽症のうつ病にかかると言われています。

症状は妊娠初期の状態と似ていて、精神的に不安定、涙もろい、いらいらする、無気力になったりします。 しかし、この時期のうつ病はたいていが軽症にとどまり、産後のような深刻な状態になることはほとんどありません。