後陣痛

こうじんつう

分娩終了後の数日間にみられる産褥(サンジョク)初期の子宮収縮に伴う痛みのことです。 生理的な後陣痛はむしろ望ましく、通常は特別な治療を必要としませんが、強い後陣痛は注意が必要です。

胎児と胎盤などの付属物が娩出されたあと、急速な子宮収縮が始まります。 子宮内圧の消失という物理的原因と、さらにプロスタグランジン、オキシトシンなどの薬剤が関係した急激な子宮収縮とが、 後陣痛の原因と考えられていますが、はっきりしたことはわかっていません。