乳児脂漏性湿疹

にゅうじしろうせいしっしん

赤ちゃんの顔や体に出る湿疹の総称を乳児湿疹と呼びます。 食べこぼしやよだれ、汗などが原因で、赤くカサカサになり、かゆみを伴います。中でも多くの赤ちゃんにみられるのが乳児脂漏性湿疹で、生後2週間から1才くらいまでの間に起こります。

皮脂腺の多い頬や口のまわり、あご、額、頭を中心に赤いポツポツが出たり、カサカサしたり、ジュクジュクすることも。髪の生え際やまゆ毛などには、黄色いふけや脂っぽいかさぶたがつきやすくなります。

普段から汗や汚れが顔や体についたら、拭いたり洗ったりして清潔にしましょう。 頭や顔についている皮脂や汚れは、沐浴のときに石けんできれいに落とします。

かさぶたなどをひっかかないように、つめはきちんと切っておきましょう。 3~4週間ほどで自然に治ることが多いのですが、繰り返したり、長引くときは受診が必要になります。