お七夜

おしちや

お七夜(お七夜の祝い、名づけ祝い、命名式とも言われる)とは、誕生後7日目(生まれた日も含む)の夜に赤ちゃんに名前をつけ、社会の一員として仲間になることを認めてもらう儀式。 白紙に赤ちゃんの名前を書いて、お宮参りまでの約1ヶ月間、神棚や仏壇などに貼ってお祝いをすること。

現在の民法では、出生後14日以内に出生地、本籍地、届出人の現住所のいずれかの役所へ出生届を出すことになっているため、名前をつけるのは14日以内という考え方が一般的。