お宮参り

おみやまいり

用語を調べるひよこ

赤ちゃんが無事に生誕1ヶ月目を迎えたことを産土神(ウブスナガミ)に感謝して報告するし、健やかな成長を願う行事です。。初宮参り、初宮詣と呼ばれることもあります。

一般的には、男の子では生後31、32日目、女の子では32、33日目がよいとされていますが、 天候、体調の問題もあるため、一般的な日取りの前後で都合のつく日を選べば良いでしょう。地域によっては百日参り(モモカマイリ)といって100日目に参るところもあります。

本来、お宮参りはその家の氏神様にお参りが起源ですが、出生地や住んでいる地域の氏神さまが奉ってある神社でなければいけないということはなく、どこの神社でもかまいません。

男の子は羽二重の紋付で鷹や鶴などのおめでたい絵柄の「熨斗目模様」、女の子はちりめんの花柄や友禅模様の祝い着が本格的ですが、 赤ちゃんは普通のベビー服で、パパも、ママもそこまで意識せずに軽めの清掃でも問題ありません。