野菜ジュースの栄養は1日分ではなく、小鉢1皿程度

各社の野菜ジュース野菜ジュース1本で、「1日分の野菜が取れる」などと表示された野菜ジュース類の多くは、厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量350グラムを下回る量の栄養素しか含んでいません。

野菜ジュースについて、専門医の見解をインタビューしています。

名古屋市消費生活センターの成分分析

野菜100%ジュース16種類と、果汁配合の19種類で成分分析を実施。そのほとんどの
パッケージには、「1日分の緑黄色野菜を使用」「1本で野菜350グラム」の表記あります。

全35種類の分析結果は、総カロテンは15銘柄で目安量を下回り、うち2銘柄の測定値は0。ビタミンCとカルシウムは33銘柄が下回りました。

カリウムで24銘柄、マグネシウムも30銘柄が目安量に届きませんでした。5つの栄養成分すべてで目安量を上回った商品はなく、逆に全成分で下回った商品は13種類もありました。

野菜ジュースで栄養素を補充することは可能?

結論から言うと、栄養素を補充することは可能です。市販の野菜ジュースでは野菜の代わりにはなりません。整腸作用や便秘の改善などの効果はありますが、市販の野菜ジュースはあくまでも栄養補助食品です。パッケージの栄養成分表示で、自分に足りないと思われる内容を確かめて摂取することが大切です。

市販の野菜ジュースは、濃縮還元

一般に市販されている野菜ジュースは、一度熱を加えて煮込み、濃縮したものです。または乾燥させて粉にしてから、水を加えて薄めることで安全な商品として販売しています。そうした製法で作られた商品は、パッケージに「濃縮還元」と表記があります。

濃縮還元表記のあるジュースのビタミンCの摂取は、ビタミンCを添加したジュースだということを覚えておきましょう。ビタミンCは、加熱すると失われてしまう栄養分なため、濃縮還元でそのまま摂取することは難しいからです。ビタミンCが欲しいときは、ミキサーで生野菜から作った、加熱処理をしていない形で摂取しましょう。

あるメーカーの野菜ジュースの言い分

食品大手A社に問い合わせたところ、A社の商品は、製品1本につき生野菜350グラムを使用して作ったジュースと同じ内容になるため、パッケージに「野菜ジュース1本で、1日分の野菜が取れる」と記載してあるとのことです。

実際は、製造過程で栄養素は減少しています。それなのメーカーが「野菜ジュース1本で、1日分の野菜が取れる」表記を掲載していることに、あなたはどう思いますか?