シェアポテト(旧メガポテト)は食べちゃダメ!

マックが販売する常識はずれのシェアポテト

マクドナルドのシェアポテト(旧メガポテト)

マクドナルドは、2013年5月24日~6月30日まで「メガポテト」を発売しました。

その後、マクドナルドは商品名を改め、2014年8月13日から「シェアポテト」として、期間限定で再び販売しました。

しかしそのシェアポテト(旧メガポテト)は、あらゆる意味で食べてはいけません。その理由を説明します。

シェアポテトを食べてはいけない3つの理由

1)カロリー

マックフライドポテトLサイズは、571kcalあります。メガポテトは、この2個分のボリュームがあり、カロリーも2倍の1142kcalあります。

ちなみに成人の1日の摂取カロリー目安は、男性が2200~3,000カロリー、女性が1,750~2,300カロリーです。

エネルギーの食事摂取基準:推定エネルギー必要量(kcal/日)
※厚生労働省より

男性
20代       2,350 ~ 3,050kcal
30代/40代 2,250 ~ 3,050kcal
50代     2,050 ~ 2,750kcal

女性
20代       1,750 ~ 2,350kcal
30代/40代 1,750 ~ 2,350kcal
50代     1,650 ~ 2,200kcal

各ファーストフード店舗のカロリー
  • からあげクン 235kcal
  • カップヌードル 343kcal
  • カップル―ドルキング 537kcal
  • ハンバーガー 400kcal
  • 吉野家 牛丼 660kcal
  • 吉野家 牛丼特盛 940kcal
  • コンビニ弁当 700kcal
  • カレー 800kca
  • 天丼 800kcal
  • 天下一品こってりラーメン並盛り 800kcal
  • 天下一品こってりラーメン大盛り 940kcal
  • マルゲリータ 1,800kcal
  • メガポテト 1,142kcal

2)原価

シェアポテトの販売価格は490円ですが、原価は49円以下です。ポテトLサイズは20円弱。シェアポテトの利益率は驚異的で、マクドナルドではNo.1の儲かる商品だと思われます。

3)その他

そもそもマクドナルドの商品は、安全面で疑問があります。テレビやネットのニュースで放送されるようになり、多くの人に知られるようになりましたが、まだ知らない方は一読ください。

子どもの大好きなハッピーセットが危ない
http://garagaragara.com/life/surprised/1509.html

トランス脂肪酸危険!マクドナルドのポテトは大丈夫?
http://garagaragara.com/life/care/1339.html

シェアポテトを食べる人は…

シェアポテトは「爆発的なカロリー」、「原価との商品価格の大きなギャップ」、「健康に害のある未知なる可能性」に耐えられる人だけ食べましょう。

そもそもトンランス脂肪酸が含まれている可能性がある時点で、手に取るべきではありません。火のない所には煙は出ませんから。

マクドナルドでは業績が回復し、毎日多くの家族連れでにぎわっていますが、本当は小さなお子さんにはは食べさせない方がいいと思います。

コメント

  1. 安井章子 より:

    本当に勉強になりました。
    何気無くやっていた事の危険性を指摘され、好きだからと勧めていたマック
    もう少し考えて食べさせないといけない事ばかりでした。
    有難うございました。