初対面の第一印象を好印象に。できる男のネクタイ、シャツ選び

シェアする

第一印象で決まる、その時間は約3~10秒

男の第一印象

身だしなみがその後の関係を左右する

一番最初の印象は、後々の関係にまで影響を与える傾向あります。これは心理学的に「初頭効果」という専門用語ができるくらい心理学では研究されています。

「できなさそう」「遅そう」「使えなそう」などのネガティブな印象を与えてしまうと、「冷たそう」「薄情そう」などとマイナスのイメージを連想させてしまいやすくなります。

逆にいい印象を与えることができれば、「信用できる人」「優しげな人」など今後の展開にポジティブな影響を与えることができる傾向があります。

そのため初めて会う人には、できるだけ良い印象を与えることが「仕事」や「出会い」を進展させてくれるといっても過言ではありません。その第一印象は一生取り返しのつかない大切な瞬間です。

第一印象で決めていると言われること

  • が恋愛対象かどうか
  • 仕事ができるかどうか
  • 清潔な人かどうか
  • 採用するか、しないか
  • 良い人か、悪い人か
  • 今後自分とうまくやっていけるかどうか
    etc

第一印象の決定要因

第一印象は、様々なものから決められています。生まれたときから持っているその人の容姿が大きなウェイトをしめることはいうまでもありません。

ただそれ意外の要素には、初対面お前に準備ができることがあります。それは「清潔感」や「髪型」、「身だしなみ」です。どれも日常どんな生活をしているかが重要になります。

  • 清潔感
  • 身だしなみ
  • 髪型
  • 声(話し方)
  • 表情
  • 雰囲気

身だしなみで差をつける

TPO(時、時間、場所)に合わせたネクタイ選び

大事なプレゼンがあるときは、「強い印象」を与える赤色のネクタイ。赤は気分を高める効果があるので、ここ一番のときに力になってくれます。アメリカの大統領も、選挙で演説するときは赤いネクタイをつけていることでも有名です。

イメージ的に自分に合わないという方は、自分の肌の色に合う淡いオレンジや黄色系のネクタイを手にとっても良さそうです。ネクタイの色の組合せは、下記記事をご覧ください。

ネクタイ・シャツの色選びは色相環が大切。パパをできる男に大変身!

ノータイの身だしなみは、シャツの襟で決まる

ビジネスの場でネクタイつけないことが、クールビズを皮切りに一般的になってきました。ネクタイがない場合は、首回りがその良し悪しを決めるポイントになります。

襟がだらしなく開いてしまうと、相手にくたびれた印象を与えてしまいます。そのためノータイのスタイルは、襟元が固定できるボタンダウンがオススメです。

正式なビジネスシーンでは、ネクタイをつけてボタンダウンのシャツを着ることはNGとされています。ボタンダウンシャツは、もともとポロ競技中のプレイヤーの襟の動きを防止するため、開発されたノーネクタイ用のカジュアルシャツだからです。

白シャツは信用と誠実さの象徴

シティホテルの支配人が必ず白シャツを着ていることからもわかるように、白シャツは信用や誠実さを表しています。「個性がない」「シンプルすぎる」と感じる人もいますが、白シャツは代用がきかない永遠のアイテムです。

白シャツを着ていても、サイズが体に合っていない、シャツがシワシワになっていては意味がりません。自分の体のサイズのビシッとアイロンがかかったシャツをきるだけで、清潔感を感じさせることはいうまでもありません。

スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

フォローする