利用頻度が高いエクセルショートカットキー5つをピックアップ

効率が上がるエクセルのショートカットキー

できるエクセルの使い方

計算をしたり、表を作ったり、資料を作ったりtと何かと便利なエクセル(Excel)。効率的に作業するための、オススメのショートカットキーをご紹介します。

1.行と列にセルを追加・削除するショートカットキー

セルの追加や削除は使用頻度が高いので、ショートカットキーを使用すると大幅な時間短縮が見込めます。

行や列を追加する

Ctrl+「+」

行や列を削除する

Ctrl+「-」

2.繰り返しセルの色を塗るショートカットキー

表を作るときなど、セルを色付けすることがあります。その度に色を指定するのは、時間がもったいない。ショートカットキーを使用すると大幅な時間短縮が見込めます。
※色を塗りつぶすショートカットキーはありません。

セルに色をつける

  1. 特定のセルに色をつける
  2. 塗りつぶしたいセルに移動する
  3. Ctrl+「Y」

3.今日の日付と時間を入力するショートカットキー

書類を作る場合、今日の日付を入力することがあります。ショートカットキーを使用すると、日付の入力間違いが起こりずらくなり、また時間短縮が見込めます。

今日の日付を入力する

Ctrl+「;(セミコロン)」

今の時間を入力する

Ctrl+「:(コロン)」

4.カーソルやデータ範囲選択するショートカットキー

エクセルを使って作業するとき、この6つを知っているだけで、大幅な時間短縮が見込めます。

データ範囲の先頭や末尾にカーソルを移動する

Ctrl+「上、下、右、左の各方向キー」

カーソルをエクセルの先頭に移動する

Ctrl+「Home」

カーソルをエクセルのデータの末尾である右下に移動する

Ctrl+「End」

データがアクティブのセルを範囲選択する

Ctrl+「Shift」+「*」

カーソルの置いたセルから先頭のセルまでを範囲選択する

Ctrl+「Shift」+「Home」

カーソルの置いたセルから末尾のセルまでを範囲選択する

Ctrl+「Shift」+「End」

5.操作を1つ前に戻すショートカットキー

間違えて入力してしまったとき一つ前の作業に戻りたい、同じ作業を繰り返したいときありませんか。個人的には、エクセルを使って一番便利な機能です。

操作を1つ前に戻す

Ctrl+「z」
※上記ショートカットで戻したものを前に勧める場合は、Ctrl+「Y」