定型外送料の料金が値上げ。ヤマト配送問題の影響か!?

定形外郵便物の新料金は最大67%アップ

定形外封筒の配送料金の値上げ

定形外郵便物の新料金

2017年6月1日から定形外郵便物の料金が値上がりします。50g以内の定形外郵便に限っては、120円から200円に変更で値上がり率は67%アップです。

重量 旧料金
※2017年5月31日まで
新料金
※2017年6月1日以降
50g以内 120円 200円
100g以内 140円 220円
150g以内 205円 290円
250g以内 250円 340円
500g以内 400円 500円
1kg以内 600円 700円
2kg以内 870円 1,020円
4kg以内 1,180円 1,330円

定型郵便物の規格

定型郵便の最小サイズ

  • 長辺14cm
  • 短辺9cm

定型郵便の最大サイズ

  • 長辺23.5cm
  • 短辺12cm
  • 厚さ1cm

追加された新たな定型郵便サイズ

  • 長辺34cm
  • 短辺25cm
  • 厚さ3cm

※A4サイズの用紙が折らずに入る角形2号封筒程度の大きさ、厚さ3cm、重量1kgを超えるものの料金が新たに設定されました。

郵便はがきの料金も変更

2017年6月1日から郵便はがきの料金が値上がりします。年賀はがきに限っては、値上げは行われません。

重量 旧料金
※2017年5月31日まで
新料金
※2017年6月1日以降
通常はがき 52円 62円
※1
年賀はがき 52円 52円
※2

※1 往復はがきは124円となります。

※2 年賀はがきの料金(52円)が適用されるのは、12月15日から翌年1月7日の間に差し出される以下のものに限ります。

  • 日本郵便が発行する年賀はがき
  • 通常はがきの表麺に「年賀」と文字を朱記したもの

ヤマト運輸のサービス見直しの影響力

宅配便の背景

  • インターネット通販の拡大で、宅配便の数は年々急増
  • 労働組合が2017年の春闘で、取り扱う荷物の量を抑えるよう、経営側に要請

国の対策

荷物のコンビニ受け取りや駅などに宅配専用のコインロッカーを設置する方針

ヤマト運輸の宅配サービス内容変更

1.当日の再配達締め切り時刻の変更(2017年4月24日より)

配送業務の負荷を減らすため、当日の再配達締め切り時間を1時間~1時間20分早められました。

受付方法 (旧)
当日の受付締め切り時刻
(新)
当日の受付締め切り時刻
セールスドライバー 20時まで 19時まで
サービスセンター 20時まで 19時まで
再配達自動受付 20時まで 18時40分まで
インターネット 19時40分まで 18時40分まで
2.配達時間帯の指定枠の変更(平成29年6月中)

「12時から14時」の時間帯指定を廃止されます。今までドライバーが休みを取れていなかったため、休憩や時間調整の時間に設けられました。

(旧)
ご指定可能な時間帯(6区分)
(新)
ご指定可能な時間帯(5区分)
午前中(12時まで) 午前中(12時まで)
12時から14時 廃止
14時から16時 14時から16時
16時から18時 16時から18時
18時から20時 18時から20時
20時から21時 19時から21時
3.基本運賃を値上げ(平成29年9月実施予定)

1990年以来、27年ぶりに5%から20%値上げ予定。値上げされる料金は、サイズが小さく、距離が短いほど大きくなる見込み。

スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする