固まった塩をサラサラにする方法。保存には米とパンが便利

食卓塩料理をしようと思ったら、塩が固まっていて使いづらい経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

固まってしまった塩を簡単にサラサラにする方法、固まらないように保存する方法をご紹介します。

なぜ塩は固まる?

いつの間にか塩が、カチンカチンに固まってしまうことがあります。これは塩を保存している容器に水分が入り込み、その水分で塩が固まってしまいます。こうなってしまうとフタを開けて中身を砕いて使うしかありません。とても不便ですよね。

固まった塩をサラサラにする方法

先にも説明したように塩が固まる理由は、容器の中の水分を吸ってしまうからです。塩をサラサラにするには、その吸ってしまった水分を飛ばせば元に戻ります。

電子レンジで少し加熱する、またはキレイなフライパンで炒るとサラサラの塩に戻ります。このとき油は敷かずに、乾煎りしましょう。フライパンで炒るときは、少量の酒を加えてから炒ると、風味豊かな炒り塩ができます。

サラサラの状態で塩を保存する方法

塩をサラサラの状態に保つためには、とにかく湿気に触れさせないことが一番です。塩の入った袋のまま保存せず、プラスチック容器など密閉できるものに移しましょう。

米や食パンをちぎったものを入れて保存しておくと、米や食パンが湿気を吸ってくれるので、サラサラ状態のまま長く保存することができます。保存場所は、高温多湿の場所を避けましょう。私の家では、生米を3粒ほどフライパンで炒ったものを食卓塩の中にいれています。

コメント

  1. 中澤けいこ より:

    食卓塩が湿気で出ない時は、小さな鍋で回しながら炙って、冷めたらビニールの袋に入れて、袋の角をハサミで切って、乾燥させた瓶に戻せば元通りになりまよ。米粒は少しの湿気なら良いけど、かなり湿気った時は無理です。