オールフリーはアルコール・カロリー・糖質のすべてゼロ

シェアする

女性ターゲットを狙うオールフリー

オールフリー

サントリーの「オールフリー」は、アサヒのアサヒドライゼロとは真逆のターゲット層狙いで、完全に女性を意識しているのがわかります。缶のパッケージデザインが、かわいいです。

私の個人的な感想ですが、ノンアルコール系のビールは、この「オールフリー」または「キリンフリー」のどちらかがオススメです。

自由に飲めるのがオールフリー

オールフリーはアルコール分ゼロでカロリーもゼロ、おまけに糖質もゼロと3つの「ゼロ」を実現した世界初のビールテイスト飲料です。

こだわりの製造方法は、粒よりの麦芽を天然水で仕込み、一番麦汁だけを使用しています。0%のノンアルコール飲料の実現はドライバーをはじめ、スポーツ後やアウトドアなどいつでもどこでも“自由に飲める”のが一番の魅力です。

サンプリングから絶好調

30歳のサラリーマンは、「のどごしがビールっぽい。後味すっきりで、昼間からでも飲みたい」と初めて飲んだ感想をテレビでコメントしていました。

別の40歳男性は「ノンアルコール系のビールは、今ひとつ味に魅力がなかったが、これはおいしい」と今までのノンアルコール系のビールとは違いに驚いていました。

32歳の主婦からは、「缶が女性受けしそうなデザイン」とメーカーの狙い通りのコメントを引き出していました。

売れすぎて販売中止

オールフリーは販売開始から売れに売れ、大人気となりました。出荷数は予想をはるかに超えたため、2010年8月10日に一t時販売中止になりました。その後2010年9月7日から販売再開。販売直後から当初の予定注文より、2倍以上の勢いでした。

時代を先読みしたサントリーに商品開発力にはあっぱれです。

2017年リニューアル

ノンアルコールビールテイスト飲料「オールフリー」は2017年にリニューアル。新発売の商品は、5月中旬製造分から順次全国へ展開しています。

新しくなったオールフリーは、「“麦の旨み”“すっきりとした後味”に加え、仕込工程を見直すことで“軽快なのどごし”を実現」とのことです。パッケージも変更されています。