歯を白くする10個の食材を歯科医が明言。白い歯に憧れませんか?

10種の食べ物を食べるだけで歯が白くなる!

歯磨き効果のある歯を白くする食べ物

タレントや有名人の歯は、真っ白でとてもきれいです。そんな白い歯に憧れますが、定期的なホワイトニングは、お金がかかります。

しかし、費用をかけずに誰でも白い歯にする方法があります。それは歯を白くする食材を食べることです。

食べるだけでなぜ歯が白くなる?

食べ物を食べるだけで、歯の汚れを落としてくれる効果があります。そのとき歯のエナメル質を傷つけないのがポイントです。

また食べ物によっては、虫歯を防ぎ傷つけられたエナメル質を再生してくれるものもあります。ホワイトニング等は歯を白くすることはできますが、歯を過敏に痛めるためエナメル質を傷つけてしまうため、あまりお勧めできません。

歯を白くする10つの食材

1.チーズ

口の中の酸を保護するタンパク質、カルシウム、リンが豊富です

2.ゴマ

歯垢を削り落とします

3.鮭

骨や歯の健康に必要なカルシウムやビタミンDを含みます

4.椎茸

口の中のバクテリアの成長を妨げます

5.タマネギ

虫歯の原因のバクテリアを減少させます

6.パイナップル

歯についたシミを落とします

7.ブロッコリー

エナメル質を守り、酸に強いバリアのような膜をつくる鉄分を含みます

8.生姜

口の中の組織の健康を維持するための抗炎症作用の働きがあります

9.リンゴ、セロリ、人参

丈夫なエナメル質に必要なビタミンAを含みます

10.バジル

口の中のバクテリアを減少させる天然の抗生物質です

※ニューヨークにあるManhattan Dental Arts(英語サイト)より

白い歯を失いやすくする飲み物、行為

基本的に白いシャツに着くとシミになる食べ物は、歯にもシミを残すとのことです。下記についての飲み物や行為は、食べたり、飲んだりしてはいけない訳ではなく、過度な摂取をしてはいけませんというものです。

  1. コーヒー、お茶、紅茶、赤ワイン、コーラなど着色の濃い飲み物
  2. 喫煙、エナメル質を弱める酸の強いスポーツドリンク、ピクルスやケチャップ

子どものホワイトニングはリスク高い

ホワイトニング治療は、歯の成長に影響する場合があるので、14歳以下のホワイトニング治療は向かないと考えられています。

歯ができる3~5歳くらいのときにテトラサイクリン系の抗生剤の服用は、「着色歯」といって、歯が濃い色(歯が黒っぽく変色)になってしまうことがあります。こういった傾向がある子どもの歯は、ホワイトニング治療は向いていません。

一般的にホワイトニングは、歯の色が濃い人よりも薄い人の方が効果が出やすいと言われています。

スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする