世界初ノンアルコールビール。アルコール0.00%キリンフリー

シェアする

世界で初めて作られたノンアルコールビール

キリンフリー

周りがお酒を飲んでいて、でも自分は帰りの車の運転があるときや現在妊娠中のとき、または会社に戻ってもうひと踏ん張りのときに助かるノンアルコールビール。

ノンアルコールビールのアルコール0.00%として、世界で初めて売り出したのが「キリンフリー」です。

キリンフリーは、ノンアルなのにしっかりビールの雰囲気を出してくれています。お酒好きの妊婦さんには、必需品かもしれません。

今までになかったビールテイスト飲料

キリンビールは、ビールテイスト飲料として、世界初のアルコール0.00%の商品「キリンフリー」を発表しました。原材料は麦芽、食物繊維、果糖ぶどう糖液糖、ホップなどで作られていて、酵母は一切使用されていません。

ノンアルコールビールにはアルコールが入っていた

キリンフリーが売り出される前のノンアルコールビールには、微量のアルコールを含んでいるものが多いため、 表示名が正しくありませんでした。そのためノンアルコールビールは、たた問題が起きていました。

ノンアルコールビールは、お酒が弱い人がを飲むと、飲料内に入っている微量のアルコールで酔いがまわってしまう可能性があるにもかかわらず、そのまま販売されていました。

キリンの発表によると、今回発売された商品のキリンフリーは、「警察庁科学警察研究所の論文を参考に運転シミュレーターでの実験を行い、 飲んでも運転能力に影響がないことが確認できている」とのことです。

キリンフリーは、お酒は飲めないけどその場の雰囲気でアルコールを手にしたいとき、妊娠中のときなど様々なシーンで活躍していきそうな商品です。

今後もキリンのノンアルコール商品開発に注目していきたいですね。

スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

フォローする