捨てないで!ヨーグルトから出るホエイは栄養満点

シェアする

ホエイは良質なたんぱく質の液体

ホエイ(ホエー)

ホエイ(ホエー・乳清)は美肌作りの元

ヨーグルトを食べるときに上に溜まっている水分は、普段どうしていますか。中には水切りヨーグルトにして、捨ててしまっている方も多いのではないでしょうか。

実はこの水分は、ホエイ(ホエー・乳清)と呼ばれいて、美肌づくりにかかせない良質なたんぱく質をたくさん含んでいます。ホエイの成分には、たんぱく質、ミネラル、ビタミン、乳糖が含まれています。

ホエイはどうやってできる?

ヨーグルトは、牛乳のタンパク質であるカゼインが、乳酸菌の作った乳酸によって発酵し、固まってできたものです。この固まりをカードと呼びます。

カードには、水溶液たんぱく質のアルブミンやグロブリンなどが含まれていて、発酵の進行とともにカードが縮小するため、その過程で液体状のホエーは外に分離ます。

ヨーグルトをスプーンですくって食べるとき、すくったその部分から液体がこぼれることがあります。これは、スプーンで切断されたカードから、分離されたホエーです。

ホエイは理想の健康食品

先にも書いたようにホエイには、水溶性のたんぱく質、ミネラル、ビタミンなどの栄養がたくさん含まれています。ヨーグルトの種類によっては、容器や内ぶたに「ホエーは栄養が含まれているので捨てずに食べましょう」といった注意が書かれています。

ホエイは牛乳の優れた栄養成分は残し、脂肪などを取り除いたものです。また低脂肪、低カロリーであるだけでなく、体へのたんぱく質の吸収率が良いと言われています。

そのためアスリートが利用していたり、筋トレ向けのプロテインとして商品化されています。ホエイプロテインは良質なたんぱく質なのですが、筋トレ目的でない方が飲むと、そのまま贅肉になってしまうので、筋力アップのトレーニングをしていない方は飲むのは控えましょう。

ホエイの利用の仕方

一昔前までホエーは、ヨーグルトやチーズの製造工程でできるゴミとして廃棄されていました。ホエイについて新しいことがわかった現在では、アンチエイジングや化粧品、サプリメントなどにも利用され始めています。

ヨーグルトと一緒にホエイを食べるのが、一番手軽なホエイの利用方法ですが、他にもホエイの利用があるのでご紹介します。

ホエイでパック

ホエイをコットンに浸して、3分くらい顔にのせておくだけでホエイパックになりす。皮膚を構成している成分に近いため、お肌にやさしく保湿力を高める働きがあります。お風呂後に、毛穴が開いた状態で行うと効果的です。

ホエイで入浴剤

ホエイをそのままお風呂にいれるだけです。ホエイパックで説明した通り、ホエイが保湿力を高めてくれます。乾燥肌の人におすすめです。

ホエイで化粧水

ホエイ原液を水で約2倍に希釈。それに無水エタノールをちょっと(5cc)入れれば、化粧水の完成です。

スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

フォローする