カフェインレスコーヒーに要注意!安全面に不安が残るカフェイン抽出方法

カフェインレスコーヒーは安全なの!?

カフェインレスコーヒー

一般的にカフェインレスコーヒーは、「カフェインが入ってないから安心できる飲み物」と認識されていますが、それは実は大きな間違いです。

カフェインレスコーヒーには、カフェインを抽出するために3種類の方法があります。そのカフェイン抽出方法では、安全だと考えられている方法とそうでない方法があります。

カフェインレスコーヒーが安全なのは、「超臨界二酸化炭素でカフェインを抽出した」カフェインレスコーヒーは、安心できる飲み物だと考えられています。

まだあまり知られていないカフェインレスコーヒーについてご紹介します。

カフェインレスコーヒーが人気の理由

カフェインレスコーヒーは、カフェイン入りコーヒーの「カフェイン作用」による効能がない点がメリットになります。またカフェイン作用以外のコーヒーに含まれるメリットは、カフェインレスコーヒーにも同様の効果があります。

メリット

1.睡眠の質の向上

カフェインレスコーヒーの最大のメリットは、カフェインの作用を気にする必要がないことです。カフェインの作用には、興奮作用や覚せい作用などがあり、頭をスッキリさせる効果があり、そのため夕方以降に飲むと睡眠の妨げになりやすいです。

カフェインレスコーヒーには、カフェインは含まれていませんが、コーヒーの香りはそのまま残っています。この香りにはリラックス効果があり、眠りにつきやすくしてくれます

2.胃腸が痛まない

カフェインの作用には、胃液の分泌を活発にする働きがあります。そのため胃腸の弱い人や空腹時にカフェイン入りコーヒーを飲むと胃液が荒れて、胃が痛む傾向があります。

カフェインレスコーヒーには、カフェインは含まれていないため胃が痛むことはありません。

3.カルシウムをキープ

カフェインには利尿作用があります。そのためカルシウムが尿と一緒に排出されて、カルシウム不足でイライラしてしまったり、長期的には骨粗しょう症になるリスクがあります。

カフェインレスコーヒーには、カフェインは含まれていないためカルシウムが排出されやすくなることはありません。

カフェイン入りコーヒーのメリットを確認

コーヒーが健康に良い7つの理由。飲み過ぎなければ良い薬

デメリット

1.普通のコーヒーに比べて割高

普通のコーヒー同様、カフェインレスコーヒーも手軽に飲めるインスタントコーヒーが人気ですが、普通のカフェイン入りコーヒーに比べてカフェインレスコーヒーは割高です。

Amazonなどのネット通販を利用することでカフェインレスコーヒーの安くなっているときに買うことで価格を抑えて買うことができます。

2.取扱い店舗が少ない

最近ではカフェインレスコーヒーの人気が高まり、コンビニでもを販売するようになりましたが、まだ普通のコーヒーに比べて種類が少ないです。また地域によっては、カフェインレスコーヒーの取り扱いがありません。

カフェインレスコーヒーの種類

1.カフェインレス

主にデカフェのことを指すカフェインレスコーヒーです。

2.デカフェ

カフェインを含んだ状態から、カフェインを除去したカフェインレスコーヒーです。除去されるカフェインの量はゼロではありませんが、極めてゼロに近い状態のものです。

3.ノンカフェイン(カフェインフリー)

本来はノンカフェインとは、カフェインを含んでいないことを指します。カフェインフリーも、ノンカフェインと同じ意味です。麦茶やハーブティーはノンカフェイン飲料です。

ノンカフェインコーヒーの名称の使われ方は、「デカフェ」と同じように使われています。、本来は、「カフェインを含まない」意味なはずなのですが、実際は違う使われ方をしています。(なぜなのでしょうか?)

カフェインを除去する3種類の方法

1.有機溶媒抽出法

生豆を蒸気で膨潤させ、有機溶媒(ジクロロメタン)を使ってカフェインを抽出します。この抽出方法の問題は、「ジクロロメタン」という発がん性の高い物質を直接コーヒー豆に接触させる点です。

もしジクロロメタンが微量に豆に残留していたとしても、健康被害をもたらす量ではないにしても、身体に悪いものなので気になります。

日本では、ジクロロメタンを利用する有機溶媒抽出は禁止されています。国内製品を口にする際は、気にしなくて大丈夫です。ただし、海外ではコストが安いこの方法が取り入れられていることが多く、海外旅行でノンカフェインコーヒーは控えた方が良さそうです。

2.ウォータープロセス(水抽出法)

有機溶媒の代わりに、水を利用してカフェインの抽出をします。

コーヒーのカフェイン以外の成分で飽和させた水にコーヒー生豆を浸すことで、カフェインだけを水に抽出します。味や安全性を保ち、かつ低コストでカフェインを取り除ける方法として、日本ではこの抽出方法が主流です。

3.超臨界ニ酸炭素抽出法

抽出方法の最も新しい超臨界二酸化炭素抽出は、超臨界流体の状態にした二酸化炭素でカフェインを抽出します。

カフェイン以外の成分を損なうことなく抽出できるため、コーヒーの風味を損なわず美味しさを保てます。最もおいしく、最も安全に抽出できる方法ですが、時間と手間がかかる分コストが高くなるのがデメリットです。

安全でおいしいカフェインレスコーヒー選び

1.生産国が日本国内の商品

コーヒー豆は海外でも問題ありませんが、国内で生産されている商品を選びましょう。日本で販売されているノンカフェインコーヒーは、薬品を使用したカフェインの抽出を禁止しているため、極めて安全性が高い商品が多いです。

2.カフェイン含有量

カフェインレスコーヒー(ノンカフェインコーヒー)は、カフェインがゼロではありません。カフェインを「0.00%」することが技術的に難しく、微量に含まれている商品がほとんどです。

また日本では、ノンカフェインコーヒーのカフェインの含有量に関する規格が決まっていません。0.1%以下の残留率が低いものから、3%前後含まれているものまで幅広く販売されています。

残留率の低いノンカフェインコーヒーを手に取るようにしましょう。

3.美味しく、安全なのは二酸化炭素抽出

ノンカフェインコーヒーの味は、使用している豆と同じくらい抽出方法が大事になってきます。抽出方法のやり方によっては、カフェイン以外の成分も取り除かれてしまい、コーヒーの持つ香りや味が損なわれます。

コーヒー豆の種類には好みがあると思いますが、ノンカフェインコーヒーの抽出方法は、「二酸化炭素抽出」が最も美味しいです。