チンしてこんがり焼き魚パックが超便利!レンジで焼き魚

レンチンするだけで焼き魚が食べれる

チンしてこんがり焼き魚パック

家庭で焼魚を食べるのは、「魚焼きグリル掃除がめんどう、大変」との理由から、年々食べる機会が減っているようです。

そんな消費者たちの声から商品開発されたのが、「チンしてこんがり焼き魚パック」です。うちでは同商品をずっと使っていますが、圧倒的に掃除が楽です。ぜひ一度お試しください。

チンして焼き魚の使い方

同商品は、電子レンジのマイクロ波が当たると高温になる紙パックを使っています。そのパックに切り身魚を入れて、約3分間加熱するだけで、こんがりとした焼き魚が完成です。

1パック(大判タイプ)には、2つの切り身魚を入れて使うことができ、2回まで使うことができます。4人家族の場合は、1パックで4人分の魚が焼けます。使い終わった後は、パックを捨てるだけです。

小林製薬の「チンしてこんがり魚焼きパック」は、消費者の心を鷲掴みし2009年9月の発売以来、売上は絶好調です。同商品は、2種類が販売されています。

  • 1パックに二切れの切り身魚を入れられる大判タイプ(2パック分)
  • 1パックに一切れの切り身魚をいれられるタイプ(4パック分)

大ヒット商品が生まれるまで

試行錯誤が続いた商品開発

同商品の開発では、電子レンジで焼き魚を作ること自体は、比較的早い段階で確認できたとのことでしたが、どうすれば家庭で安全に使ってもらえるのかを検証するために時間が費やされたそうです。

検証は古いレンジや海外製のレンジで試すなどの試行錯誤が繰り返され、たどり着いたのが上下から挟み込み、熱を効率的に伝える現在の形です。開発期間の5ヶ月間は、売れ行き好調の今となっては、高い代償ではなかったようです。

消費者ニーズをカバー

同商品は「焼き魚の後片づけに不満を感じる30~50代の主婦」、「1人暮らしでも気軽に食べたい」、「火をつけているのを忘れて火事になる心配のある高齢者」など、家庭で魚を焼きたい需要に対して、その手間やリスクをカバーすることで、大ヒットとなりました。

小林製薬では、同じ要領で鶏の唐揚げが調理できる「チンしてこんがりから揚げパック」を2010年3月から販売し、こちらの商品の売上げも絶好調とのことです。

今後も小林製薬の商品開発には、注目していきたいですね。