体温を1℃上げて冷え性を改善!脂肪燃焼や免疫力アップ効果

理想の体温(平熱)は36.5度を目指せ!

理想の体温(平熱)は36.5度

体温が1度下がると免疫力は37%低下し、体内酵素の働きが悪くなると言われます。すると冷え性になる可能性が高くなります。

冷え性の辛さは多くの女性が体験していますが、肌荒れや生理痛、不眠などの体の不具合を引き起こす引き金です。

では体温を上げるには、どうすればいいのでしょうか。

高体温と低体温の違い

一昔前、低体温症は女性に多く見られる症状でしたが、ここ数年で男性にも低体温になる方が増えてきています。一般的に健康な人の平熱は、約36.5度です。

理想の体温の人は、細胞の新陳代謝が活発に行われ、免疫力も高くなり、病気にかかりずらい状態を保つことができます。

しかし、体温が36.5度から離れていけばいくほど、免疫力が低下していき、風邪やアレルギーなどの症状になりやすいです。子どものころはアレルギーがなかったが、最近になってアレルギー反応が出るようになった場合は、昔に比べて体温が低いことが原因の可能性があります。

また体温が低いと血液の循環も悪くなるため、脂肪が燃えにくく、むくみも起こしやすくなるなど健康被害だけでなく、肥満の原因にもなります。

さらに、低体温は太りやすく痩せづらい体質になってしまうばかりか、肌荒れやくすみ、便秘などの原因にもなりかねません。

低体温の症状

  1. 肌荒れ
  2. くすみ
  3. 便秘
  4. 生理痛
  5. 生理不順
  6. 肩こり
  7. 頭痛
  8. めまい腹痛
  9. 体のだるさ
  10. 肥満の原因(脂肪が燃えにくく、むくみ)
  11. 不眠症
  12. 花粉症
  13. 腰痛

低体温の原因となる生活習慣

  1. 食生活の乱れ(冷たい食べ物や飲み物、甘いものを毎日食べる)
  2. 薄着(素足・ミニスカート)
  3. 運動不足
  4. 過度なダイエットをしている
  5. 日常に強いストレスを感じている

低体温を改善する3つの方法

1.温める

毎日食べる1日3食の食事は、食べる物によって体を温めたり、冷したりします。体を温める食べ物や飲み物を積極的にとるようにしましょう。

また良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルをしっかり取ることで体から熱が産まれます。低体温を改善するためには、食事の上手な取り方が一番大切です。

1)体を温める野菜
  • 生姜
  • にんじん
  • にんにく
  • 玉ねぎ
  • 長ネギ
  • 大根
  • ごぼう
  • ニラ
  • しそ
2)体を温める魚介類
  • さけ
  • さば
  • さんま
  • まぐろ
  • えび
  • イカ
  • カキ
  • あさり
  • しじみ
3)体を温めるその他の食べ物
  • 牛肉・鶏肉・豚肉
  • そば
  • 梅干し
  • 納豆
  • チーズ

2.熱を産む

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動でも、体は熱を発生させます。日常的に運動を取り入れることは、体の血の巡りを良くすることにつながり、その結果、体は継続的に熱を生みだしやすい状態になります。

3.熱が逃がさない

おへその下とその真裏の腰にカイロを挟み貼りし、直接保温する(シャツや肌着の上に貼る)。冷えた内臓を温め、内蔵の機能低下を改善します。(必ずカイロの取り扱い方法を読み、説明に従ってご使用ください。)

足はレッグウォーマーや、ハイソックスでたえず暖めるようにしましょう。お風呂に入れないときは、足湯をしてあたためましょう。

定期的に体温を計り、意識を変える

まずは、あなたがどれぐらいの体温なのかを知ることが大切です。体温測定は朝起きて、体を起こす前に測りましょう。体温計測は1週間を通して連続して測り、平均値を出して平熱をチェックしてください。

その結果、平熱が35度台前半の方は、完全なる低体温症なので改善が必要です!多くの女性は、低体温症なことが多いです。改善するためには、自分が低体温症なことを認識し、それを改善する意識を持つことが重要です。

低体温症は、生活習慣を少し見直すだけで、改善することができる場合もあります。とはいっても、平熱がいきなり1℃上がることは難しいです。低体温症の改善は、小さなところからコツコツと実行していき、「平熱36.5℃」のゴールを目指していきましょう。

冷え性、体温に関するオススメ記事

スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする

コメント

  1. […] 平熱(体温)を1度上げて、「脱」冷え性! […]