エアコンに換気機能はついてない!空気の入れ替えはどうする?

シェアする

エアコンは空気自体の入れ替えはしていない!

エアコンの換気に関する正しい3つの知識

エアコンは、暑い夏と寒い冬に欠かせないアイテムです。そんないつも私たちが使っているエアコンですが、その機能についてあまり知られていません。

説明書を読めば書いてあることですが、中々読むことないですよね。エアコンの性能について知って、部屋の中を効率的かつ快適に保ちましょう。

1.エアコンの基本仕様に換気機能にはついてない

エアコンをつけている間は、「エアコンが換気をしてくれている」と思っている方が多いようです。しかし、エアコンには部屋の空気と外の空気を入れ替えるための換気機能はついていません。もちろん、換気機能があるエアコンはありますが、一般的なものには換気機能はありません。

エアコンの役割は、室内機と室外機にある「熱交換器」と通じて、部屋の空気を冷やしたり、暖めたりしています。空気自体は、外の新鮮な空気と入れ替わってないと覚えておいてください。

2.エアコンで部屋の空気は汚れない

エアコンを長時間使っていると、空気が汚れるから換気をした方がいいと思っていませんか。それは、半分正解です。空気の入れ替えはエアコンを使っても、使わなくても空気の入れ替えが必要です。ではなぜ、空気は汚れるのでしょうか。

実は空気が汚れるのは、エアコンのせいではありません。人間が空気を吸って、吐いての呼吸をしているから汚れてしまうんです。空気は人の呼吸によって二酸化炭素、咳やクシャミによる菌で汚れていきます。

3.適度な空気の入れ替えで換気が必要

上記で説明した通り、部屋の空気は汚れてしまいます。換気扇や窓を開けての換気は、エアコンの冷暖房の効果をロスさせてしまいます。

しかし、部屋の空気はあなたが思っている以上に汚れています。定期的に換気をすることで、部屋に新鮮な空気を入れるようにしましょう。換気の方法は、以前の記事を参考にしてください。

参照:換気に必要な時間は5分だけ。新鮮な空気の良い効果

4.換気扇は同時に使わない方がエコ

換気扇は、外の空気と室内の空気を入れ替えてくれる機械です。エアコンと同時に換気扇を利用することで、部屋の空気を新鮮に保ちやすくなることは間違いありません。

ただエアコンで冷やされたり、暖められた空気が、常に外に出て行ってしまうことを考えるともったいない気がします。

エアコン自体は空気を汚すものではないので、空気の入れ替えをするタイミングで換気扇を利用することをオススメします。

シェアする

フォローする