洗濯取扱い絵表示が変更。2016年12月より新たな表記

国内外の洗濯取扱い絵表示の統一

2016年12月から洗濯取扱い絵表示変更

これまで日本では日本工業規格(JIS)、海外では国際規格(ISO)と二種類の絵表示が分かれていました。近年の日本の衣類の生産や流通は、グローバル化が拡大し、洗濯機や洗剤の種類が増えてました。

その影響で日本でも「国内外で洗濯取扱い表示を世界基準にする」ことが目的です。新たな洗濯取扱い絵表示は、ISOに合わせたかたちで、新しいJISが制定され、2016年12月1日より施行されます。

基本的な5つの記号

新洗濯取扱い絵表示

基本的な洗濯記号は「洗濯おけ」、漂白は「三角」、乾燥は「四角」、アイロンは「アイロン」、クリーニングは「円」です。

主な選択記号の変更点

  • 従来の絞り方の記号は廃止
  • 洗濯の温度については「・」の数で表示
  • 洗濯の強さについては「ー」の数で表示
  • 今までは22種類の表記だったが、41種類に変更

洗濯温度について表示

温度についての洗濯取扱い絵表示

洗濯温度は点の数が増えるほど、高温で洗う表記に変更されました。

洗う強さについての表示

洗う強さについての洗濯取扱い絵表示

洗う強さは横線の数が増えるほど、弱く洗う表記に変更されました。

新JISに切り替わるタイミング

いつから新JISに切り替わる?

2016年11月30日まで店頭に並ぶ商品は、現行JIS(旧JIS)を表示させる必要があります。先行して新たなJIS(新JIS)を2016年12月1日より早く販売することは禁止されています。

現行JIS(旧JIS)はいつまで使える?

2016年11月30日までの販売分で、旧JIS表示をつけた商品は、その後も洗濯ネームのつけ替えの必要はありません。

もっと詳しく知りたい方は、消費者丁のホームページにてご覧ください。

消費者丁:家庭用品質表示法2016年12月1日以降の洗濯表示

スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする