子ども手当2011年9月末で終了

子ども手当廃止?2010年4月から始まった「子ども手当」は、2011年9月末で終了しました。

2011年9月から、2012年3月までの間はどうなるのでしょうか?またそれ以降は、どうなるか知っていますか?

2011年10月から「特別措置法案」として適用

子ども手当は法律上2012年4月から児童手当制度となりますが、2011年10月から「特別措置法案」として適用(11年度における子ども手当の支給等に関する特別措置法案)されます。子ども手当一律1万3,000円から、以下のように変わります。

・3歳未満は一律1万5,000円

・3~12歳の第一子と第二子は1万円、第三子以降は1万5,000円

・中学生は一律1万円

・所得制限・・・税引き前年収960万円程度以上(夫婦と児童二人世帯の場合)

子ども手当から児童手当制度へ

「特別措置法案」と、「児童手当」では何が違う?

「特別措置法案」の期間は、所得制限がなく誰でも受け取れることができます。しかし、2012年から4月からは、所得制限が設けられることから誰でもが受け取ることができなくなります。ちなみにこの所得制限の基準に該当する割合は、中学生以下の子供を持つ世帯の約1割となっています。