女性が赤ちゃんを産めない理由(日本)、産まない選択(海外)

日本人女性が赤ちゃんを産まない理由の第一位は、「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」出産や子育ての国策は、機能していません。なぜなら、ある調査で赤ちゃんを産まない一番の理由は、「子育てや教育にお金がかかりすぎる」という回答だからです。産みたいけど産めない私たちの国は、残念でなりません。

しかし日本とは対照的に、ある国では驚くべきことが起きています。

日本人女性の妊娠への考え方

ここ数年私の身の回りの先輩や後輩に、子どもがいない夫婦が増えているように感じていました。今もこれからも、その人たちに「何で子どもをつくらないの?」というストレートな質問は中々できません。なぜなら、身の回りの人たちが妊娠できない体の可能性があるためです。

しかし、週刊誌やネット上の書き込みには、子どもを持たない理由が書かれています。
その多くは、「経済的な問題で子どもを産んでの生活が想像できない、生活することが難しいだろう(子育てや教育にお金がかかりすぎる)」という回答が一番の理由でした。その他にも下記の回答が多くありました。

  • 子ども大きくなるにつれ教育にお金がかかるが、所得が右肩下がり
  • 共働きで生活するお金を稼ぎたいのに、保育所に預けることができない
  • 子育てに対する支援が足りない

日本はここ数十年、出生率が低空飛行しています。その一つの大きな原因は、女性が子どもを産みたくても産めない財政的な理由なのではないでしょうか。

妻の年齢別にみた、理想の子ども数を持たない理由
※内閣府より「結婚、出産、子育てをめぐる状況

妻の年齢別にみた、予定子ども数を実現できない可能性の理由
※内閣府より「結婚、出産、子育てをめぐる状況

福祉国家は育児環境が充実

内閣府が発表した「少子化社会に関する国際意識調査」(2011年3月)によると、「自分の国が子どもを産み育てやすい国であると思う」と回答した人の割合がスウェーデンでは約97.1%でした。ちなみに日本は52.6%でした。

スウェーデンなどの福祉国家は、子育て支援などの社会的な保障制度が整っているので、自国で子どもを育てやすいとほとんどの人が考えています。また「男女平等」や「社会の全成員の平等」が徹底されているため、家事や育児も男女が平等に行うことが当たり前です。日本の男性は見習ってもらいたいですね。

しかし、今スウェーデンでは「子どもを産まない選択(チャイルドフリー)」をしている人たちが毎年増えています。スウェーデン統計局の2010年の調査によると、子どもを持つことを望んでいないスウェーデン人は約5%だそうです。

性別に関係なく、20代・30代で不妊手術の数も増えています。その数は圧倒的に女性が多いようです。2012年に不妊手術を受けたと報告された人は、女性約2100人、男性1300人とされいますが、この数字は不完全で、実際にはもっと多いと推測されています。(※社会庁調べ)

スウェーデン女性の妊娠への考え方

あるスウェーデン女性が子どもを作らない理由は、「子どもを持つことは、自分の時間や生活が犠牲になるように感じるので避けたい」とのことで、子どもが嫌いなわけではないようです。「今の子供を持たない生活が楽しいし、子供がいたら同じことができると思えない」とも言っています。

その彼女とパートナーは結婚しておらず、都心のオシャレなアパートに住み、夏休みや冬休みのときはリゾートで過ごすそうです。彼女は二人だからできる自由な生活を送り、これからもずっとこの暮らし方をしたいと考えているのでしょう。

しかし、自らの意志で子を持たない生活を選択した彼女には、世間の風当たりは強いのが現状のようです。多くの国で女性が子どもが欲しいのは当たり前ということになっていて、結婚すると次々に「子どもはまだ?」と聞かれ、「産む気はない」と言える女性は少ないでしょう。逆に「産まない」と言う女性には、「負け犬」のレッテルを張られたりしているかもしれません。

子どもは幸せを運ぶのか

「子どもは持つべき」「子どもは人生に幸福と意義をもたらす」「子どもは社会の維持にとって必要」などの一般的な考え方は強いです。あなたは今やこれから、将来の子どもがいる生活についてどう考えていますか。

女性にもっと「産まない選択」が自由にできたら、多様な価値観と幸せを社会がもっと客観的な目で認められるようになれば、「産めない」ことに居心地の悪さを感じ続けている人(不妊治療に苦しんでいる女性)たちが楽になれるのではないでしょうか。

コメント

  1. 三十路 より:

    子供は彼さえよければつくっても良いと思っていますが彼が乗り気ではありません。(理由はわかってます。)

    子供にご縁がないようであれば受け入れ、無理はしないつもりです。

  2. じろう より:

    >女性が赤ちゃんを産めない理由

    「産めない」ではないでしょう

    先に、自己中になりすぎて「産みたくない!」があって、

    それを正当化するための「言い訳」をマスコミがたくさん用意してくれているだけ
     
    それと、結婚するのが遅くなりすぎて「高齢で産めない」女性が増えたのでしょう

    男性が草食化するのは当然ですよ

  3. 渡辺 より:

    既婚者の出生率は女性の社会進出が盛んになっていった1970年以降は変わっていないので産みたくても産めないという現象は起きていません、長いあいだそれが喧伝され皆が裸の王様でそれが原因だと思い込んでいるのです、30年以上その政策を試みて出生率は逆に減っているのだから政策が間違っていると気づくべきです、少子化の原因は「結婚したくても結婚できない」です、権利とは言え女性が社会進出をして婚期が遅れています、また男性も男らしさに縛られなくなり草食化しています、これらは権利なので阻害はできませんがその上で出生率を増やすには若い人が結ばれやすい環境を提供していく必要があります

  4. ちらちーの・嵯峨山 より:

    この問題は女性だけなく、社会全体の問題だと思います。

    例えばですか、産休・育休を取りたいと考えていても、職場に因っては産休が利用できず、退職に追い込まれたり、取れたとしても復帰後、減給になったりとなると、妊娠・出産を躊躇らざるを得ない女性だって出てきます。

    また、妊娠によりやむ得なく退職→出産→育児でいっぱいいっぱいになる→夫に協力要請する→「稼いでないくせに!!」、「育児は女の仕事!!」、「協力して欲しければ、(乳児・幼児を抱えた状態で)俺と同じだけ稼いでこい!!」→働きに出るため、子どもを預けようにも、待機児童で中々空きのある保育所や託児所が見つからない→見つかったとしても子どもが不調・感染病に罹ると早退やむ得なし→職場に因ってはパートになってくれと言われる→夫と同じように稼ぐのは無理がある。

    …となると、幼子が居るために仕事に制限が出来てしまう。

    (幼子が居て)子の体調が悪くなりやむ得なく、早退しなければならない際、早退を快く引き受けてくれ、保育所が利用できない日曜・祝日が休勤okで、夜勤が無くても男性と同等の給料をもらえる…。
    そんな都合のいい職場って、この日本の中に、どれくらいあるのでしょう!?

    子どもが幼く手が掛かるため、限られた時間内でパートで働いたとしても、「たかがパートのくせに。」、「扶養内のくせに。」、「103万程度で自立した気になるな。」なんですよね!?

    給料の差で、家事も育児も働くことも、その他雑用も全て女性がやって当たり前、文句あるなら俺と同じように稼げ、でもそれは無理だから…となるなら、私は結婚しても子どもを持ちたいとは思いません。
    勿論、全ての男性がここまで極端だとは言い切れませんが、私なら、こんな配偶者なら自分を捨ててまで尽くそうとは絶対に思いませんし、子どもを生む気にもなりません。

    それが「我儘なんじゃないかな!?」と言われる方がいたとしても、妊娠・出産は女性の方が男性に比べ、圧倒的に負担が大きいです。
    妻が妊娠したからと言って、夫が仕事をキープしなければならなかったり、辞めさせられることって、稀ではありませんか!?

    待機児童問題解消、希望するなら出産後も正社員で働き続けられる制度を作る、出産を気に減給するのは禁止、保育料と給料の逆転が生じない、夫婦が互いに労る、育児と仕事のどちらが大変か等の意味の無い比較をしない(どちらも大変)…これらを解決する方が先決だと思います。

    特に待機児童問題や制度系は、個人の力ではどうしようもないため、社会全体の問題として、社会全体レベルで取り組まなければ解決しません。

    社会的に、安心して出産・育児できる環境や制度が整っていないにも関わらず、少子化を「女性だけの問題、産まないのは我儘だ。」で片付けられるのは、乱暴かと思います。
    長々と失礼しました。

  5. 女の甘やかしが子供と社会を悪くした より:

    産まない女はゴミクズだよ。ニートより数段酷い。
    出産しない女は生物としての義務を放棄した最低のクズ。

    甘やかされたバカ女世代が育てた散々甘やかされてこらえ性のないゆとり世代が本当に毎日事件を起こすね。
    これは負の世代間連鎖で、母である女の甘やかしが全ての戦後日本没落の元凶だからね。

    男の義務は徴兵制がなくなった以外は変わってないんだよ(逆に義務は増えてる)。逆に権利はどんどん減らされていつのまにか女尊男卑社会になったがな!。だから「お利巧な男は結婚に慎重になって独身が増えている」んだよ!これも少子化の理由だからな!

    核家族化し家制度もなくなって積極的に出産もしなかったら「女が甘やかされて調子に乗る」に決まってるだろ!現在日本はこのざまだ!クソゆとりとバカ女の天国だ!

    移民入れて困るのはお前らだよーく考えろ自分大好きバカ女さん。

  6. 3児のパパより より:

    結婚したら子供がほしいかどうかを結婚する前に十分話し合っていないことが一つ問題点だと思います。結婚すれば子供を作ろうとするいうのが一般的だと思います。ですので子供はいらないと言う人は結婚するそれなりの前からその意志を明確に相手に伝えるべきです。結婚してから実は子供はいらないと言っている人は詐偽行為に相当すると思います。

  7. はな より:

    27歳で結婚、実家の自営業を手伝う夫の年収は350万と聞いていたので、然程悲観せず、じゃあ私がパートをすれば1人は産み育てられると思って結婚、だけど実際の夫の年収は250万でした、嘘をつかれていたのとは少し違い夫は親に「結婚資金まで使い込むといけないから積み立てておく」と言い含められていて、夫は無邪気に結婚したら今までの積み立て分が解禁され、更に親が積み立ててたお金も自分で管理できるようになると信じて疑ってなかったのが真相

    だけど書類上は夫の給与だけど夫の手元にきていない差額は、どうやら会社のお金にあてたりとか、親が使ったりとかして綺麗に分けられていなく、すぐに手に入らないお金というか渡す気があるのかも不明、結婚した最初の月なんて手取り12万…

    それでも私の実家母が「子供が産まれれば給料あげてくれるわよ、さっさと産んじゃえ!お金足りなくなったら援助してあげるし(あんたの遺産相続分を前払いしてあげる)どうにも立ち行かなくなったらこっちに越してくれば子供見てあげるしアンタがガッツリ働きなさい」と言ってくれたので、じゃあとりあえず産もう!と決意し、夫実家の希望もあったので他所での正社員ではなく義実家でのパート勤務に甘んじました。だけど4年たっても授からない、どうも体質的に排卵が困難なようです(月経は正常なので気づかなかった)、しばらく医師の指導の元で子を望みましたがこれはもう対外受精しかないと言われ、対外受精って5-60万かかります、しかも確実に授かるわけじゃありません…。

    パート勤務だったので貯金がそう増えているわけでもなく、夫の給与があがる見込みも薄く(子を望むには不妊治療がいると話しても夫実家は何も援助してくれないので…)、私のこの体質というのは年齢でどんどん悪化していくものらしいので産むにしろ諦めるにしろ正社員の道を探そうとは思いますが、先に稼いで後で産むというのは出来ません…

    金銭的な無理をしてまで体外受精を受けて産んで良いのか?子供抱えて仕事も探してとやり遂げることが出来るのか?責任持ってやり通すつもりはあるけどそれは子供に酷ではないのか?すでに授かった状態なら喜んで有無のですが大金かけても産めるかわからないと診断され、気持ちでは産みたいのですが、どうしていいかわかりません…。