妊婦のインフルエンザワクチン接種

インフルエンザワクチンインフルエンザに感染したとき、辛いのは誰もが同じです。

しかし、妊娠中にインフルエンザにかかると、肺炎などの合併症を引き起こしやすかったり、症状が重くなりやすいことがわかっています。

妊婦も接種できるの?

国産の季節性インフルエンザ用ワクチンは、妊婦への接種を原則認めていませんでしたが、厚生労働省は2009年10月、季節性用、新型用ともに接種可能とする方針を示し、 妊娠週に関係なく接種できるようになりました。

妊婦の副作用や胎児に影響が出る危険性はないとの研究結果を受け現在では妊娠中の人には、ワクチンの積極的な接種が勧められています。

妊婦がワクチンを接種するには?

医療機関への予約が必要です。かかりつけ医以外で接種する場合、妊婦は母子健康手帳を、接種する機関で提示しましょう。

ワクチンに入っている保存剤は大丈夫?

新型インフルエンザでは、妊婦は保存剤の含まれないワクチンを選ぶこともできますが、保存剤が含まれていても安全性に問題はないと考えられています。

基本的な予防が大切

WHO(世界保健機関)は2009年10月に、「妊婦は一般の人より集中治療室(ICU)を必要とする確率が10倍高い」、「特に妊娠28週以降の妊婦は注意が必要」といった声明を出しています。妊娠週数が進むにつれ重症になりやすいので、やはり予防と早期の治療が大切です。