赤ちゃんの男女の産み分けが可能に!医学が神の領域にメス

赤ちゃんの性別の産み分けができる!?

男女の産み分けができる

現在の医学で、将来産まれてくるお子さんの性別を、決めることができると思いますか?

結論から言うと既に「男女の産み分けは可能」です。掲載内容は、倫理観や道徳観を除き、医療技術がここまで進化していることを伝えている内容になります。

命の選別と性別につながる、受精卵の診断

受精卵診断とは、もともと遺伝病の有無を調べるために行うためのものです。体外受精卵が4~8個の細胞に分裂した段階で、1~2個の細胞を取って、遺伝子や染色体の異常がないか調べて、子宮に戻します。

この診断は、遺伝病だけでなく性別も判定できます。そして、取り出された受精卵は、男女の産み分けするための働きかけをすることが可能になっています。

現在の医学では、まさに神のみぞ知る「生命」領域に、人間がメスをいれて性別の操作ができるのが現状です。

日本人に人気なのが先進医療国タイ

日本でも受精卵診断は行われていますが、重い遺伝病などの場合に限られています。先進国の多くは、倫理的な問題から男女の産み分けは行われていません。

しかし、医療先進国であるタイをはじめとする国では、男女の産み分けを行うことが実施されています。そして、この受精卵の診断を行う日本人が増えてきているようです。

安全性は大丈夫?

安全性については、体外受精と同程度といわれています。一般の体外受精と同じく、何らかの副作用が生じる可能性があります。

また受精卵を子宮に戻した場合の妊娠率が、20~25%と低くなります。そのため妊娠するには、1回数十万円といわれる体外受精を5~6回受けなければならない場合もあります。

それでも世界では現在(2011年)までに6,000件以上が実施され、1,000人以上の命が誕生しています。 今までのところ、受精卵診断そのものが原因で出生児の心身に悪影響を及ぼしたとの報告はないといわれています。

神の領域に手を出した医学技術

世界の人口は1970年に約40億人、1987年に50億人、2000年に60億人、2011年に70億人を越えました。最近の予測では、2050年の世界人口は95億人前後になる予想です。

人口が増えるとともに考えなければならない問題は、その増えた人口の食料をどういう風に確保すればいいかがテーマとなっています。

その一つの解決策として、遺伝子組み換えの研究が行われています。遺伝子組み換えの最大のメリットは、生産するための時間の効率化です。牛肉が食卓に並ぶまではおよそ3年弱かかりますが、遺伝子組み換えでは半分の時間にすることができます。

この遺伝子組み換えは人口が多くなりすぎて、食料がなくなりそうだが、「今生きている人たち全員を救いたいから、遺伝子操作でなんとかしよう」というエゴです。このエゴは個人の小さなエゴとは違い、生命の存続にかかわる大義名分のあるエゴです。

しかし最近は、男女の産み分けをするために遺伝子組み換が行われています。この場合は、大義名分のないエゴです。男女の産み分けの遺伝子操作の延長線上には、人のさらなるエゴが見えてくるのではないでしょうか。

あなたは、この男女の産み分けについてどう思いますか?

スポンサーリンクと関連コンテンツ

フォローする