妊婦のおなか一覧

高い技術と安全な施設の出産環境。総合周産期母子医療センター完成

毎年埼玉県では、約6万人の赤ちゃんが産まれ、治療が必要なすべての赤ちゃんをサポートできていませんでした。今回の設備は、その赤ちゃんをサポートできるようにするためです。 記事を読む

妊娠させる体を作る奇跡の49歳。秘密は樫木式トレーニング

樫木先生の84・56・84のスリーサイズは衝撃です。樫木式トレーニングを受けると妊娠する理由には、妊娠と骨盤の関係が考えられると言われています 記事を読む

日本のデキちゃった婚は結婚全体の25%。沖縄はなんと40%越え

デキ婚率の高い都道府県は、妊娠がわかったら籍を入れて結婚するわけですから、「責任感が強い都道府県ランキング」といってもいいのではないでしょうか? 記事を読む

赤ちゃんの出産時の体重が、30年前より7%も軽い理由

「小さく生んで、大きく育てる」ことが理想とされてきましたが、その考え方が見直されつつあります。低出生体重児で生まれると、将来的に生活習慣病になるリスクは高くなります。 記事を読む

マタニティヌード有名人まとめ。あの女優が世界初だった!

世界的にマタニティヌードが認知されたのは、1991年ハリウッド女優のデミ・ムーアが行ってからです。日本ではhitomi、ユンソナ、MINMIなど様々なタレントが、雑誌の表紙を飾っています 記事を読む

赤ちゃんの男女の産み分けが可能に!医学が神の領域にメス

あまり知られていませんが、赤ちゃんの性別の産み分けは現在の医学技術で可能になっています。それを利用している人たちは、世の中に10000人以上います 記事を読む

米国出産の33%が帝王切開。最も多い出産方法になった理由

アメリカでの出産は、今(2012年)も日本では考えられないことが行われています。私は、出産の苦しみが子供への愛情に変わると信じています。みなさんはどう思われますか? 記事を読む

妊婦健診は絶対受けて!低出産体重児の危険が高まる

妊婦健診を受けず、救急搬送されて生まれた赤ちゃんのうち、約24%が低出生体重児で産まれます。すると新生児仮死や呼吸窮迫症候群のリスクが高くなってしまいます 記事を読む

マタニティーマークの認知進む。さらなる拡大は大手次第

妊婦が交通機関等の利用時に着用し、周囲が配慮をしやすくするために考えられたグッズ。全国的には、配布が進んでいますが、配布状況に地域差があるようです。 記事を読む

結婚前に妊娠が発覚。両親への上手な報告の仕方

日本の若者の中でデキ婚は、一つの結婚するタイミングにとらえられている部分があります。日本よりも性に開放的な、海外ではどうなのでしょうか? 記事を読む