回転寿司人気ランキング1位のマグロは、アカマンボウだった!

マグロの代替品のアカマンボウ回転寿司は、今や日本人にはかかせない人気外食に成長しました。回転寿司で一番人気の寿司ネタは、マグロです。

しかし、そのマグロの代替品として、アカマンボウが寿司ネタとして使われている可能性が高いことをご存知ですか?

そもそもアカマンボウとは?

アカマンボウは、全長2m、体重270kgにもなる大型の魚です。世界中の熱帯・温帯の海で泳いでいる魚で、水深500mまでもぐることができます。人目に触れない環境に生息しているため、生態についていはほとんどわかっていません。

釣り上げれたマンダイ(アカマンボウ)

見た感じはマンボウに似ていますが、マンボウの仲間ではありません。リュウグウノツカイに近い魚の仲間です。

ハワイや石垣島では、スーパーや刺身屋で売られていて一般的に食べられています。アカマンボウの身はマグロのように赤く、脂がのっていてクセがありません。食感もマグロに似ています。

アカマンボウ(マンダイ)の切り身

マグロと代替魚(偽装魚)の相関関係図※赤身魚

マグロと代替魚(偽装魚)の関係をわかりやすく図にしました。飲食店関係者によるとアカマンボウは、マグロやかじきと同じぐらい脂身があり、マグロの代替魚として最も利用されています。アカマンボウは、いつも食材を前にしているプロの板前さんから見たら一目瞭然ですが、たまに食べる私達一般人には中々見分けるのは困難なようです。

またアロツナスは、マグロより脂身が少なく、かつおほどタンパクではない中間の感じだそうです。脂身が少ないマグロと思ったときは、アロツナスの可能性を疑いましょう。
ガストロは、白身魚ですがアロツナスと同じような味の感じを持っています。

マグロと代替魚(偽装魚)の相関関係図

アカマンボウが使われている理由

日本人の国民食として、今も昔も親しまれてきたマグロですが、近い将来食べられなくなる可能性があります。原因は、大型船の巻き網漁による乱獲です。宮崎のある場所では、2004年に年間約1,000本のマグロを水揚げしていましたが、2011年は90%減の約100本にまで落ち込みました。

漁業協同組合では、6月下旬からお盆までの間「休漁」しています。理由は、マグロが卵を抱えて泳ぐ(抱卵)ため、肉質が下がるからです。近年この期間に外国船が、乱獲するようになったことが原因だとのことです。

マグロが激減する理由は、外国船による乱獲と決め付けられません。しかし、今何か対策を打たなければ、将来私たちの食卓はアカマンボウになってしまうかもしれません。

アカマンボウが使われている可能性が一番高い寿司ネタは?

アカマンボウ率が一番高いのがネギトロです。アカマンボウと50%、マグロ50%を混ぜ合わせて出しているお店が多いようです。

アカマンボウのネギトロ

お店によっては、アカマンボウの割合をもっと高くしたり、中にはアカマンボウだけの場所もあるそうです。アカマンボウだけでは、脂分が足りないので、サラダ油やマヨネーズなどの油を混ぜ合わせているとのことです。
※あるチェーン店の寿司職人談話

見た目があまりいい印象の魚ではありませんが、「アカマンボウは美味しい魚だと思って食べることができれば、そこまで気にすることことはないのかな?」と思うのが私の感想です。あなたは、どう思いますか?

コメント

  1. watanaberlin より:

    時代と、ともに、文化は、絶え間なく、変化して、来ました。料理の、変化も、けして、おかしいものでは、ありません。公正な、検査で、問題なし。と決まれば、大いに結構なことだと,思います。早く、使ってみたいですね。

  2. ある父親 より:

    代用は大反対。
    名前を偽り、代用品を出すのは店側、業界の都合であり、消費者側の都合によるものではない。なぜ正直にアカマンボウと言って出さないのか?
    消費者をなめるにもほどがある。いつから日本はこんなウソつきになったんだ?いつからウソに寛容になったんだ?これが外食産業の闇なのか?
    というかこれって、偽装、サギでしょ。犯罪確定じゃないのか?豚肉を牛肉つって売るのと何が違うんだ?単にバレにくいだけだろが。
    ほんとのマグロも混ぜる?もしマ○ドナルドが牛100%じゃなくて、ほんとは牛豚合挽でも、なんも文句言わないの?
    そんなにアカマンボウが旨ければ、アカマンボウの名でだせばよい。食われるために命を取られたアカマンボウに失礼だ。

    食育としても問題あり。こんなニセネギトロを食べなれた子供が大きくなって、本物を食べたときに”ニセモノだ”と騒いで赤っ恥をかくのか?未来の
    日本人が不憫でならない。

  3. 名無し より:

    赤マンボウが全くマグロと同じ味や食感だったとしても赤マンボウとして出すべきでしょう
    立派な食品偽装ですね

  4. 元店チェーン店店ちょ より:

    ネットに踊らされすぎです
    流通量から考えても代用品には
    ほど遠いです。
    値段もそれほど安くなかったですよ
    まあそもそも市販のネギトロにも豚のラード
    入ってますし
    そんなに神経質になる必要も無いように思います

  5. インチキ撲滅血盟 より:

    えー悲しい事にですね、表示を偽って出した場合、通謀虚偽表示と言いまして、民事告訴では100%負けてしまいます。
    刑事事件で起訴されれば詐欺罪でして、個人で行った場合は10年以下、会社など組織で行った場合には1年以上の懲役刑となります。
    詐欺で得た財産は全て没収されるという珍しい行政処分が下される罪状でもあります。

    という訳でどこからどうみても犯罪なので、それを支持すれば犯罪教唆、補助と。痛くもない腹を探られかねませんよ。
    日本の法執行機関はこうした対処し易い(警察、検察が立件し易い)マニュアル化された事件に対しては実に敏速に動きます。
    明日、アカマンボウを加工している会社に強制捜査が入って、関係者が芋蔓式に逮捕など全く珍しくないケースです。
    ご注意あれ。