八つ子がカリフォルニア州で誕生。出産時間はなんと5分!

おなかに風船が入っているみたい

八つ子を妊娠中のおなか

妊婦さんのおなかは、どうなってしまっているんでしょうね、こんなサイズのおなかは、テレビのコントでも見ているような感じです。

八つ子が生まれたのは2回目

カリフォルニア州ロサンゼルス郊外ベルフラワーの病院では、2009年1月26日八つ子が生まれ、母子ともに健康だったとのことです。米国で八つ子が生まれるのは、1998年にテキサス州ヒューストンで生まれた赤ちゃん以来の2例目とのことです。

驚きの出産時間

5分間の帝王切開で生まれたのは、男の子6人と女の子2人で、体重は680─1,470グラムでした。そのうち3人の赤ちゃんは、呼吸補助装置が必要でしたが、残る5人は自発呼吸することができました。

病院側は7週間かけて多胎出産に備え準備し、妊娠30週目で無事に赤ちゃんは生まれました。奇跡の瞬間は、病院側の万全のサポートがあったおかげだったようです。

スールマンさんに批判集中

八つ子を生む前にスールマンさんは、すでに6人の子持ちだったため現在彼女は、14人の子供たちと共に母親の実家で生活しています。

スールマンさんは、メディアや近隣住民から批判を受けています。その理由は、子どもが大勢いるからではなく、別にあるようです。

批判を受けている3つの理由

  1. 6人の子持ちなのに、不妊治療を受けて八つ子を妊娠した
  2. 国から生活費(一ヶ月40~50万)の支援を受けつつ、ネット募金を呼びかけた
  3. 借金生活をしているのにもかかわらず、美容整形をした疑いがある

批判内容は、どの理由もごもっともだと思いますが、6人の子持ちにもかかわらず、不妊治療を受けたことに驚きです。8つ子が生まれた後の生活費の支援は、いくらになるのか興味深いところです。

コメント

  1. フロー より:

    konoaida tv de yattemasita