赤ちゃんのよだれはいつまで出る?

シェアする

よだれが出ない赤ちゃんはいいの?よくないの?

赤ちゃんのよだれ

よだれってなんだろう?

よだれは口の中に分泌された唾液が、口の外にあふれた状態をいいます。よだれの元である唾液は、口の中をいつも清潔に保つ役割をしています。

大人になってよだれが出なくなる理由は、唾液を知らないうちに飲み込むことができているからです。もう1つは口を閉じている(結んでいる)ことができるため、よだれを出すことがなくなります。赤ちゃんはこの2つの動きができないため、よだれを出してしまっているんです。

よだれが出ない赤ちゃんは心配!

赤ちゃんには、よだれはつきものと思っている人は多いのではないでしょうか?よだれが出ないと病気なのでは?どこか調子が悪いのでは?と心配しがちです。

しかしよだれを出さない赤ちゃんは、唾液を飲み込む機能などの発達が上手に進んでいることを表しています。これは、とってもいいことのなので心配しないでください。

よだれが出ないその他の原因

唾液の分泌が少なく、よだれが出ていない原因のひとつに脱水症状が考えられます。唾液が出ず、口の中が乾燥している、元気がない、食欲がないなどの全身の症状を伴っているはずです。

普段から赤ちゃんに食事をあげていれば、いつもと違う変化に気が付つくと思います。体に異常がなければ、よだれが出ないというだけで心配する必要はありません。

よだれがすごい赤ちゃんの理由

唾液の分泌は生まれたときからあり、生後3~4ヶ月ごろになるとその量が増えてきます。そのころになると周りの赤ちゃんと比べて、うちの子はよだれが出すぎてるのかと不安や心配になってしまうことがある思いますが、大丈夫ですので心配なさらないでください。

よだれが多い理由は、食欲旺盛で唾液の分泌が多かったり、唾液を飲み込むのがまだうまくなかったりすると、口から流れ出る量も多くなります。

よだれだらけになったよだれかけをそのままにしておくと、肌が荒れることがあります。そのためやわらかいガーゼでそのつどきれいにして、よだれかけも頻繁に取り替えてあげましょう。

一般的な目安としては、2~3才頃になるとよだれが見られなくなります。ただしこれも個人差があるのを覚えておいてください。

口内炎からの唾液(よだれ)は注意

基本的によだれが出すぎて不安になることはありませんが、気をつけなければならないのは口内炎ができると余分に唾液が分泌されます。

また、歯の生えはじめのときも、よだれが多く出ることがありますので覚えておいてください。どうしても不安な場合は小児科医に相談しましょう。

スポンサーリンクと関連コンテンツ

シェアする

フォローする