体脂肪の燃焼を早めるアミノ酸ダイエット

アミノ酸は運動する30分前に摂取すると効果的

運動する30分前にアミノ酸を摂取する

アミノ酸を取るタイミング

前の項目の「ダイエットってどんな意味?本来の意味を知ってる人は少ない」のページで紹介しましたが、元々体についている脂肪(体脂肪)は、一定時間の有酸素運動をしないと燃焼されないと説明しました。

しかし、アミノ酸を摂取すると一定時間の有酸素運動を行わなくても、体脂肪が燃焼される驚きのダイエットなんです。

ここダイエット法で重要なのは、アミノ酸を摂取するタイミングです。おおよそ運動する30分前にアミノ酸を摂取すると、最大限のアミノ酸効果が期待できます。

アミノ酸ダイエットは、アミノ酸を摂取して運動をして初めてその効果が現れます。アミノ酸を摂取して、運動しない場合はその効果は全くありませんのでご注意ください。

余談ですが、人間の体内では作られない必須アミノ酸である「バリン」「ロイシン」「イソロシン」は、BCAAと呼ばれています。BCAA(アミノ酸)の近年の研究では、長距離運動時や激しい運動時に効果があることもわかってきました。

リバウンド防止

最近は運動をしないで、食事の量を減らすだけで体をスリムにしようとする若い女性が目立ちます。しかし、この食事の量を減らして行うダイエット方法は、筋肉を落として体脂肪を体に多く残してしまいやすくなります。

その結果、体重が落ちて痩せているように見えますが、内臓脂肪比率が高くなってしまい、リバウンドを起こしやすくなります。アミノ酸ダイエットの場合は、運動により筋肉量を増やし基礎代謝を上げ、太りにくい体質を作りながらのダイエットなため、リバウンドが起こりずらくなるメリットもあります。

集中力を高めるBCAA

BCAAは、頭の中の神経伝達物質であるグルタミン酸の合成に必要なものです。グルタミン酸は、脳細胞に活力を与えます。またBCAAは疲れている状態のときに分泌される、セロトニンを抑制します。

そのため集中力の継続、集中力のアップにつながります。頭が疲れているときにBCAAを飲むと「頭がスッキリした感覚」になります。

睡眠前のアルギニン

アルギニン、オルニチン、グルタミンといったアミノ酸は、脳下垂体に働きかけて成長ホルモンの分泌を促します。成長ホルモンは肌の活性化、痛んだ筋肉の修復、若いハリのある肌作りに力を貸してくれます。

成長ホルモンは、25才を過ぎると急激に分泌量が低下し、筋肉の低下、体脂肪の増加、皮膚の衰えなどの症状がでてきます。

睡眠前にアルギニン、オルニチン、グルタミンを含んだアミノ酸を摂取すると、美容面にとても効果的です。アミノ酸と上手に付き合うことで、女性にはうれしいことがいっぱいです。