火災・地震・傷害の損害保険選び。プロの店舗スタッフへ相談、提案が大事

見えない危機に備える損害保険

もしもに備える損害保険

火災保険

建物・家財別々に保険金額を設定して契約します。どちらもその建物所在地と構造によって保険料率が異なります。

住宅火災保険

火災、破裂、爆発、落雷、風、ひょう、雪災による損害になります。(金額でいうと20万以上の損害)

住宅総合保険

総合保険は住宅火災保険の損害範囲の他に様々なものがあります。例えば、建物外部からの物体の衝突、水濡れ、騒じょう等に伴う暴力、破裂、盗難、水災、持ち出しなどがあります。

損害保険は時価かと新価、どっちで入ればいい?

基本は80%

損害保険は保険金額をいくらにするかを決めてから、契約しなければなりません。同等の物を新たに購入するために必要な金額(時価)が、基本となり算出されます。取得価格から、減価償却した分を差し引いて算出します。一般的に時価額の80%で保険金額を設定します。

事故のときに支払われる金額

損害額×(保険金額÷時価額×80%)
時価額の80%以下で保険金額を設定すると、その割合に比例して保険金が削除されます。再調達価格(新価)で契約すると、損害額は新価で算出されます。

時価契約では家を建て直す際に足りませんが、新価契約だと保険金だけで立て直すことができます。保険金額が5年を超える契約、その建物の原価割合が5割を超えてしまっている物件には適応されません。

地震の多い国なのに地震保険単独では入れない!

地震による火災の被害の一部は、自動付帯の地震火災費用保険で支払われます。しかし、それ以上の火災損害や倒壊による損害は、地震保険に加入していなければ補償されません。地震保険に加入するためには、住宅火災保険、住宅総合保険と同時に契約することが一般的です。

主契約の30~50%の範囲で任意に設定、限度額は建物5,000万円、家財が1,000万円となっています。保険金の支払われ方は一部損、半損、全損の3段階に分かれています。

地震保険の概要

  • 地震保険は地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険です。
  • 地震保険の対象は居住用の建物と家財です。
  • 火災保険では、地震を原因とする火災による損害や、地震により延焼・ 拡大した損害は補償されません。
  • 地震保険は、火災保険に付帯する方式での契約となりますので、火災保険への加入が前提となります。地震保険は火災保険とセットでご契約ください。すでに火災保険を契約されている方は、契約期間の中途からでも地震保険に加入できます。
  • 地震保険は、地震等による被災者の生活の安定に寄与することを目的として、民間保険会社が負う地震保険責任の一定額以上の巨額な地震損害を政府が再保険することにより成り立っています。

財務省:地震保険の概要

傷害保険の特徴

日常生活に発生する様々な原因により、怪我をしたり死亡した場合は遺族生活保障、後遺障害による損害、入院や通院時の休業補償、治療費などの負担軽減保障が受けられるのが傷害保険です。

ライフスタイルにあるリスクを見つけて保険を選ぶ

私は生命保険、医療保険(ガン特約付き)、学資保険、火災保険に加入しています。参考までに私の保険加入までのプロセスをご紹介します。

1.自分に合った保険プランを見つけ出す

実際の対面式の保険会社店舗で、自分の要望を伝える

まずは保険会社で自分の要望を伝えて、どんな保険プランがいいのか提案してもらいましょう。できれば一社だけでなく、二、三社の話を聞けるといいですね。相談した後は、「補償」「貯金」「費用」の何にプライオリティを置いて、保険を選ぶのか整理しましょう。

また一番大切なのは、自分たちの生活の中にあるリスクを見つけ出すことです。そのリスクをうまくカバーできる保険を探しましょう。

保険会社の店舗に行く際は、複数の保険所品を取り扱っている「保険の窓口」などの店舗に行くことをオススメします。保険商品を取り扱っている数が多いところほど、いいとこどりのプランを提案してもらえます。

2.保険プランを比較する

自分に合った保険プランの情報を集める

自分たちに必要な保険の大枠が決まったら、次は保険プラン選びです。生命保険などの保険はサービス内容や用語、法律改正などにより複雑になっています。

保険プラン内容は、同じサービスに見えても年齢や期間、特約など細かな部分が違います。保険加入候補となる保険プランを洗い出し、具体的なメリットとデメリットを比較しましょう。

保険の知識がついて具体的な保険プランがハッキリしている場合は、ネットでの一括見積りもいいかもしれません。ただ一括見積は、多くのところから見積もりが届いて、電話なってなど面倒に感じてしまうかもしれません。

3.相談者として信頼できる保険会社店舗で契約

保険会社店舗、情報収集を繰り返して保険を決定

自分で細かく情報収集をすると、時間がかかってしまいます。またメリットとデメリットもよくわからないことが出てきます。候補として挙がったプランは、保険会社店舗で違いを説明してもらいましょう。

保険会社店舗へは、何度足を運んでも無料です。保険会社のスタッフは、プロフェッショナルです。私の場合は、店舗へ具体的な保険プラン2つの違いについて話を聞きに行ったのですが、窓口スタッフから「それならこの保険プランの方が」と提案され、その保険プランを検討し契約しました。

何を言いたいかというと、私たちが個別に様々なプランを検討しても限界があります。保険の目的が決まり、具体的なプラン比較になったら、プロフェッショナルに任せた方が無難かもしれません。

ただ保険窓口スタッフは、自分に合う人と合わない人の場合があります。また対応が誠実でない場合もあります。保険会社店舗は複数立ち寄って、信頼できる人から保険プランの提案を受けたいです。