シナプス・ニューロンは3才で80%、脳は6才で約90%が完成

シェアする

脳への刺激はその子の性格や成長、人生も変える

赤ちゃんの脳への刺激

才までが大切な理由

赤ちゃんは受精から誕生までの約10ヶ月間に、成人と同じ140億個の脳細胞(ニューロン)が作られるといわれています。そしてニューロンは出産した瞬間から、外界の刺激を受けて爆発的な早さで、脳細胞同士の配線(神経回路)を増やしていきます。

その期間以降の神経細胞(ニューロン)の数は、減ることはあっても増えることはありません。神経回路のつなぎ目のことをシナプスといい、シナプスの数は、多ければ多いほど優れた脳になります。

刺激や経験を積むほどシナプスは増えて、1個のニューロンから8,000にもおよぶシナプスがあるといわれています。140億個ニューロンからそれぞれ8000のシナプスが生まれると、112兆という天文学的な数字になります。

またシナプスは成長します。神経細胞同士の伝達は、刺激を受けた数により行われますが、その接地点(連絡部)であるシナプスは、良い刺激により成長が促進されます。

初めは細かったシナプスが、経験や刺激を積んでいくことで、太いシナプスになっていきます。そうなるとより短い時間で、考えられるようになっていきます。

0~3才までに頭の中のシナプスの結合が活発に行われ、爆発的に増え続けます。この3年間で大脳の基本的な発達(成人の約80%)ができ上がります。

その後シナプスの増え方は徐々に少なくなっていき、6歳までに脳の約90%完成します。経験を重ね、経験による知識を頭の中に積み重ねていくのは、3才で終わることなく一生続いていきます。

見る・聞く・味わう・感じる・匂うの五感をつかさどる感覚系のシナプス、筋肉を動かす運動系のシナプスは、ほぼ1才で完成するといわれています。

早期教育はインプット

知り合いの子はできているのに、うちの子はいくら教えても覚えてくれない。基本的に早期教育はインプット(脳を使う)するものと考えてください。

脳にインプットすることで脳細胞(ニューロン)は成長します。アウトプット(情報を使う)はもっと先で大丈夫です。身の周りの赤ちゃんとは比べずに、あせらずにゆっくり行ってください。

どんな刺激を多く与えればいい?

その瞬間に子供が欲しい刺激でないと、良い刺激ではありません。子供自身が知りたい、望んでいる刺激であれば子供の経験として大脳の発達に役立ちます。

子供の望んでいない多量の刺激が与えられると、発達に役に立たないことがあります。その刺激のタイミングが悪いと、場合によっては害になることを覚えておいてください。

自分が得意だからといって、それを子供に押しつけるとします。すると自分の意思でやっているのではなく、やらされている感が強くなってしまい、結果として無力感を育ててしまうことがあります。

子供はロボットではないのでマニュアルはありません。その子供によって求めている刺激や量や時期は、異なるっている点が難しいところです。

親は、今子供が何を求めているかを察する能力がば高いほど、子供が欲する刺激、量、時期をマッチングさせて、子供の大脳を上手に発達させていきます。

そのためには子供と一緒入れる時間を長く作り、コミュニケーションをとりながら見守ってあげるのが大事です。3才までの育て方で、我が子の人生が変わってしまうかもしれません。

シェアする

フォローする