出産で使う骨盤といきみ方。出産中の骨盤の使い方

シェアする

「いきむ」のは難しい?

いきむ

骨盤底のトレーニング

骨盤にある骨盤底という言葉を聞いたことはありますか?赤ちゃんは骨盤底を通りぬけて出てくるため、骨盤底は出産のときに大事になる筋肉です。

骨盤底の筋肉や繊維組織は、お産で損傷を受けてしまいます。すると出産後、尿漏れを起こしやすくなってしまいます。ただでさえ弱いところなので、トレーニングをして骨盤底を強くしましょう。

骨盤底を鍛えるあおむけに寝て、両ひざを曲げて足を腰幅に開きます。手のひらを下にして両脇におき、腰を上に上げながらの姿勢で呼吸をします。5つ数えて息を吐きながら、ゆっくり腰をおろす動きを毎日5回行いましょう。

いきみの方向を知る

お産が終盤になり、子宮の出口が10cmに広がるといきみの開始です。赤ちゃんが出てきやすい方向にいきむ点、陣痛の波に合わせて意識的に下腹部に力を入れれる点が、いきみの難しいところです。2回目、3回目の出産を迎える人には簡単かもしれませんが、初めての出産を迎える人は、少し大変かもしれません。

まずはあおむけに寝て、両ひざを立てて開きます。手を腰の下に入れ、背骨を丸めながら、おしりを軽く浮かせます。本番では、息を吐きながらいきみます。

いきみの練習は、担当医師の許可を得てから行いましょう。ゆっくり、呼吸を止めずに無理のない回数行ってください。自分の体調が思わしくなかったり( 出血、おなかの張りなど )、体に違和感を感じたら、その日の練習は避けましょう。

日常生活での家事、炊事、掃除でつく出産力

昔の人と現代人を比べると、明らかに体の丈夫さや筋肉強さ、体力は劣ってきています。理由は、昔は何をするにも今より大変だったからです。

昔は炊事、洗濯、掃除などすべての作業が、今ほど簡単ではありませんでした。炊飯器や洗濯機、掃除機などは、私たちの生活を豊かにしてくれています。しかしその反面、それらの道具に頼ってしまい、私たちの体を弱くしてしまっている原因になっています。

普段からどれだけ体を動かしているかで、体の強さは決まってきます。妊婦になってからも遅くはありません。日常生活の過ごし方を大切にしてください。そして出産が、少しでも楽に行えるように準備をしましょう。

シェアする

フォローする