妊娠中の便秘 食事・生活・運動で改善

シェアする

便秘がもたらす、様々な悪影響

便秘中のおなか

妊娠中の便秘の原因は?

妊娠初期は、ホルモンバランスが変化するため便秘になりやすくなります。妊娠初期の便秘は、お腹の張りと区別がつきづらいです。見分ける方法は、しばらく横になるとわかります。横になっても痛みが取れない場合は、便秘の可能性が高いです。妊娠初期の便秘は典型的な症状で、たいだい半分くらいの妊婦が便秘になります。

妊娠後期は、子宮が大きくなって腸全体を圧迫するようになります。そのため小腸や大腸は圧迫され、消化機能が低下します。その結果、便秘になりやすくなります。

便秘は怖い

便の中には有害物質などが含まれているので、それを長時間出さないままでいると体に吸収されてしまいます。すると体内で有害物質蓄積され、さらに有害物質が発生してしまいます。その有害物質の影響は肌荒れ、体臭、口臭、血液循環を悪くしたりなど、様々な症状を引き起こす原因と考えられています。

便秘を解消する

食事編

適度に水分を取る

朝起きたらコップ1杯の水または牛乳を飲み、腸に刺激を与えましょう。水分を多く取ることで、腸が便を排出するための運動を始めます。食事のときにも十分水分を取りましょう。

寒天、りんご、バナナ

食物繊維が多く含まれているため、便秘に効果絶大です。ひじきは食物繊維だけでなく、鉄分も豊富に取れるのが魅力です。味は薄味のものがオススメです。ヨーグルトは砂糖の甘さでなく、フルーツ甘さで作られているものが便秘効果大です。

生活習慣編

1日のリズムを体に刻む

1日の生活の流れを体に覚えさせるために、1日3食なるべく食べる時間帯を決めましょう。またトイレに入る時間を決めて入るようにしましょう。排便には習慣性があるため、排便が出ないときもトイレで過ごす習慣を体に持たせましょう。

運動編

ヨガ

免疫力を高めたり、血液の循環をよくしたり、カラダのゆがみを矯正したり、腰痛や冷え性、生理痛なども改善されたりする健康増進効果があります。 妊娠中はひかえた方がいいポーズもあるので、専門的な知識があるヨガ教室や、産院などで指導を受けましょう。

体を動かす

先生に「安静にしていなさい」と指導を受けた場合は別(また無理は禁物)ですが、掃除や洗濯などをして体を動しましょう。

シェアする

フォローする