妊娠中のママへパパが絶対に言ってはいけない5つの言葉

妊娠中の妻への地雷キーワードをママが告白

妊娠中の妻へ謝る旦那

妊娠中のママの体には、おなかの赤ちゃんが成長するためにいろいろな変化が起きています。外見的には、全体的に体がふっくらし、出産日が近づくにつれておなかが大きくなっていきます。

一方見た目じゃわからない内面的な部分は、赤ちゃんを出産するための体の内部の変化だけでなく、「ホルモンバランスの変化」や「子どもを産む重圧」などの影響で、心も大きく変化していきます。

またママに与える強いストレスは、夫婦二人の子どもを産むために、つわりや出産などの負担を強いられる部分があります。

パパはそういった部分を察して、ママが妊娠していることを意識して日常生活をしてください。妊娠中の体はどうなっている、またはどうなっていくのかを知るのは、ママだけでなくパパも一緒に学べることが理想です。

とはいっても、現実問題パパが妊娠中のママの体を理解して、ママのイライラを増幅させてしまう発言をゼロにすることは難しいかもしれません。それでもパパが最低限発言を控えるべき言葉はあります。

ここではそんな5つの言葉をご紹介します。

1.太ったね

妊娠すると多くの女性はおなかが大きくだけでなく、全身がふっくらとしていきます。

自分の体形が変わったことは、本人であるママが一番気付いているはずです。赤ちゃんのために頑張っているママに対して、「太った?」「産後は体型戻る?」などの発言は控えましょう。

また「食べづわり」の場合は、食べないと気持ちが悪くて我慢できないことがあります。その結果体重が増えてしまうこともあるので、ママがどんな状態なのか耳を傾け、しっかりサポートしてあげてください。

2.寝すぎじゃない?

妊娠中は、睡眠が安定しない妊婦さんが多く、不眠症になってしまったり、眠りにつきたい夜に寝れなくなることがあります。

おなかの赤ちゃんのためにも、眠れるときに寝ることは大切です。パパはママが気持ちよく眠っているときは、家事に掃除、料理などサポートをしっかりしてあげたいですね。

3.仕事なくていいね

ママは妊娠を機に仕事を辞めたり、産休に入って仕事をしないで、家にいる時間が長くなります。

仕事をしているパパが、「仕事なくていいね」何て言ってしまうことがあるようですが、絶対に言ってはいけません。

ママが誰のために、何のために今の時間を過ごしているのかが考えられれば、この発言は出てこないはずです。

朝から晩まで会社で働いてるパパも確かに大変ですが、大変なのは一方ではなく、夫婦どちらもです。お互いの「大変比べ」をしていは、先々の育児は務まりません

4.今のうちにガンガン飲みにいこう

「子どもが生まれる前に飲みためておこう」なんて発言をしちゃうパパは、ママへ強いストレスを与えています。お酒好きのママっ立ったりすると、そのストレスは計り知れません。

妊娠中や産後の一定期間はママと同じく「お酒は全く無しにする」とまでは言いませんが、パパのお酒の頻度は少なくできるといいですね。

ママは妊娠がわかった瞬間に、お酒などの自由がなくなっていることを理解しましょう。

5.つわり、そんなに辛いの?

つわりは人によって、その辛さは全く違います。またつわりに対する対処は、これをすれば必ず大丈夫といった解決方法もありません。

「〇○の妻はつわりでも料理してた」、「〇○のつわりは全然しんどそうじゃなかった」などと、周囲の妊婦さんと比べてはいけません。ママは強いストレスを感じ、さらに気分を悪くしてしまうはずです。