赤ちゃんの名前決め。名付けに大切なのは漢字の意味や画数

名付けで、赤ちゃんの性格が決まる

名付けは漢字や画数が大事

名付けで大事なこと

赤ちゃんの名付けでは、「姓名判断、人気の名前、漢字の使い方や苗字と名前のバランス」など様々なことを考える必要があります。しかし、これらのことも考えるけれども、最優先に考えることではありません。名付けで一番大切なのは、親が愛情を込めて呼ぶために、「両親の好きな名前をつけてあげる」ことに限ります。

両親の好きな名前、付けたい名前を考えてからその後、気になる情報があれば、そこで考えればいいと思います。名付けは、子育ての第一歩あり、大仕事ですが、難しく考え過ぎないでください。特に最初の子の名付けは、この子の一生を左右するかもしれないと、気負いすぎて何と名前をつけていいか、わからなくなってしまうご両親もいるようです。

漢字の持つ意味を調べる

基本はあなたの赤ちゃんを、2人がどう呼んであげたいか、呼びたいかです。どんな名前をつけても、ご両親が一生懸命考えてくれた名前なのだから、将来我が子は「素敵な名前をありがとう」といってくれるはずです。

そのためには、漢和辞典で漢字の持つ意味、読み仮名を調べてみましょう。普段余り使わない漢和辞典でいろいろな漢字を見てみると、名付けにいろいろ役立ちます。ぜひ、近くの図書館などで借りてみてください。

読み方は自由

名前は、漢字の読み仮名をどんなふうにつけても良い、つまり自由だということは知っていますか?この漢字を使って、「こんな読み方にしたい!」と思えば、その名前の申請はそれで通ります。(名前をつける漢字については、法律で禁止されているものがあります。)

ただし、そういった名付けの場合は、考えておかなければならないことがあります。例えば漢字と読み仮名が、全く違う名前をつけたとします。そうすると小さい頃は、名前を呼んでもらえなかったり、それが原因で名前を覚えてもらうのが遅れてしまい、その結果友達ができずらくなってしまうかもしれません。

しかし、大人になってからは、社会に出て多くの人と接するようになります。そうすると人と違う名前の方がインパクトがあり、印象深かったりするいい面もあるかもしれません。

そう考えると赤ちゃんがおなかの中にいるときから、子育ては始まっているのかもしれませんね。どんな名前を付けて、どんなふうに育っていって欲しいか考えてみましょう。

音の響きや語感で性格が変わる

例えば「あやこ」という名前の人がいるとします。あぁやぁこぉと伸ばして読むと母音が、「あ」と「お」になります。あなたの周りにいる 「あやこ」さんはどんな性格の人ですか?きっとおっとりした性格の子ではありませんか?

同じように 「みき」の名前を考えると母音は 「い」になります。きっと「みき」さんと呼ばれる人は、さっぱりした性格の子ではありませんか?

いつも呼ばれる名前は、本人の脳に刺激を与え、その子の性格に影響を与えることがあります。全員がそうなるとは限りませんが、この事実を知っていると、音の響きや語感を名付けに取り入れてみたくはなりませんか?

イニシャルを考える

W.Cのイニシャルは、あまりかっこよくありません。K.Yのイニシャルにわざとする人はいないでしょう。他にも一般的に使われる頻度が高くなった、頭文字・略字のアルファベットを考えたときに、あまり良くない意味を持つものもありますので注意しましょう。気にし過ぎることはありませんが、少し考えてもいいかも知れません。

人気の名前

毎年1年を通して、最も多くつけられた男女の名前ランキングベスト10が発表されているのは知っていますか?人気のあるかっこいい名前を意識したい人には、とっても良いの情報です。また人と同じ名前を避けたい人にとっても、良い情報だと思います。

人気の名前ベスト10 過去18年間表 をご覧になってください。