名前と画数で占う姓名判断の基本

姓名判断は名前を決める一つの材料

姓名判断

姓名判断は五格が基本

姓名判断とは、姓と名の文字の画数を調べて5つの要素を使い、運命や吉凶を占うことです。5つの要素とは天格、地格、外格、総格、人格が基本になります。

良い画数、悪い画数は姓名判断の流派(種類)によって多少変わります。先生、流派などによって、良し悪しが変わってしまう姓名判断は、ちょっと疑ってしまいますね。

けれど名付けをする際に、いくつか候補が残って迷ったとき、姓名判断で画数の良い方を選べばいいのではないでしょうか。以下は、五格のの要素について説明です。

天格

人の運命を判断を表し、精神的な働きかけ、先祖様からの影響や職業、晩年の運勢に関係します。凶数であった場合でも、地格でカバーすることができます。天格の数は、名字の画数を表しています。

地格

性格・才能・金運・適職、幼年期から中年(生まれてから30代半ば)までの、運勢を表しています。地格の数は、名前の画数を表しています。

外格

対人関係、社会関係の運勢を表しています。外格は、名字の一文字目と名前の最後の一文字目の合計を表しています。

総格

名前のバランスを取っているのが総格です。健康面、金銭面、家庭面などの総合運勢を表しています。総格は、名字と名前の画数の合計を表しています。

人格

外格とは対照的に内面的な考え、行動力を表しています。また幼年期(30代半ばから50代半ば)の運勢を表しています。人格は、総格から外格を引いた数を表しています。

そもそも占いとは?

いろいろな占いがありますが、あなたは信じていますか?
占いは、人を元気にさせる一つの手段です。

誰かの運気を上げるためには、誰かの運気を下げなくてはなりません。みんな平等では占いの意味が無くなってしまいます。「占い」を見たときに良ければプラスに考え、悪ければ気にしないようにすることが、占いの一番効果的な利用の仕方だと思います。

姓名判断で人生が決まる?

生まれてきた赤ちゃんの名前を決めることは、親の大事な仕事です。姓名判断の本では、その名付け方ですべてが決まると書かれているものを見かけます。しかし、実際はそうではないでしょう。

人生は一瞬一瞬の決断の連続により、未来が決まります。自信を持って我が子に、あなたが呼んであげたい名前をつけてあげてください。