妊娠10ヶ月。出産予定日間近

シェアする

妊娠中のママの体の変化(妊娠10ヶ月)

妊娠10ヶ月

臨月(36~39週6日の時期)はおなかの張りや胎動がMAX

出産間近になると、足のつけ根や恥骨の痛みが、ますます強くなってきます。理由は、赤ちゃんが骨盤内に下がり、おなかがグンと突き出てくるからです。その影響で、一時的にでべそになるママもいます。今まで内臓(胃)が圧迫されていましたが、おなかが前に突き出した分、胃のあたりがスッキリとして食欲が出てきます。そのため1回の食事で、食べれる量が増えます。

しかし、ここでもママが食べ過ぎてしまうと、難産になる心配があるので気を付けましょう。すでに赤ちゃんは、自分で血糖値を上がられるようになっています。そのためママが食べ過ぎてしまうと、おなかの中で一気に成長してしまう可能性があります。赤ちゃんがおなかの中で大きくなりすぎてしまうと、産道を通りづらくなるため難産になりやすくなります。

お産が近づくにつれ、不安と期待が大きくなります。期待が大きい分には悪いことはありませんが、不安が大きすぎると精神的に参ってしまいます。そうかといって、不安が無さ過ぎると安静にしていなければいけない状態なのに、妊娠中の行動におごりが出てしまいます。

自分の気持ちを落ち着かせるためにも、無理をしない程度に常識の範囲内で好きなことをしてください。

出産間近になると、体の中でお産への準備が始まります。お産が近づくと、膣や子宮口がやわらかくなっておりものが増え、1日に数回おなかが張ったり、痛みを感じたりするようになります。

先駆陣痛といって、陣痛の前触れのようなものを感じることもありますので、覚えておきましょう。さぁ赤ちゃんと出会えるまであと少しです。頑張りましょう!

おなかの赤ちゃんの変化(妊娠10ヶ月)

赤ちゃんは成熟、ママと出会いの瞬間を待ちわびる

妊娠36週を超えると赤ちゃんは、いつ生まれてもいいぐらいに成熟しています。全身にあったうぶ毛は、背中と腕だけを残してなくなってしまします。個人差がありますが、髪の毛も生えています。外見だけではなく、口のまわりの筋肉や歯ぐきも発達し、おっぱいを吸う準備も整ってきています。

妊娠40週を迎える頃になると赤ちゃんの体は4頭身、身長は50cm、体重は3000gにまで成長し、おなかの外に出ても適応できるようになります。一般的には、2,500gを超えると成熟児といわれます。成熟児の条件は、赤ちゃんの体の大きさよりも、体の各機能が正常に動いていることが重要になります。

受精から266日目、待ちに待った出産予定日です。赤ちゃんは臍帯(サイタイ)を絡ませてたり、手足を窮屈そうに曲げてたりして待っています。出産直前の赤ちゃんは、おなかの中で前かがみに小さく丸まり、頭が少しずつ骨盤のなかに入って固定し、産道をくぐるための準備をして待っています。赤ちゃんは、ママと同じくらい「出会いの瞬間」を楽しみにしています。

卵(受精卵)から赤ちゃんが産まれるまで。42段階でわかる成長
インフォグラフィック「人間の命ができるまでのメカニズム」より

シェアする

フォローする