自動車保険料は今後も値上げが続く?

 

今まで自動車保険は、契約期間中に保険を使わなければ、次の契約では保険料が安くなるのが普通でした。基本的には今も事故をしなければ、保険料が下がっていく仕組みは残っていますが、保 ...

エコな取組みが次々とはじまってます

今回の省エネ住宅ポイント制度と前回の住宅エコポイント制度(復興支援・住宅エコポイント)との違いを紹介します。

またこれまでのエコ関連の政策には、どういったことがあったかについてまとめていま ...

200年住宅誕生!利息負担が増すフラット50は慎重に

「200年住宅」は、2007年9月福田康夫元首相が総裁選挙の演説で触れたことなどで脚光を浴びました。その後、福田康夫内閣総理大臣が誕生し、わかりやすいキーワードが世間に浸透しました。 ...

食料価格は今後も上昇し続ける予想

2010年後半から世界的に食糧価格が高騰しているため、食料品価格が2010年から2011年にかけて上昇し続けています。今後も、食品価格は下がることはなく値上がりしていきそうです。

小麦や食用 ...

東北地方の高速道路の無料措置は今も続く

2009年高速道路各社が行った休日の高速料金値下げは、散々な結果でした。料金を引き下げたために高速道路を使う人たちが増えすぎて、高速道路が大渋滞し、一般道がガラガラになりました。

特に ...

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯料金を比較!

スマートホンの基本料金はキャリアによって違いますが、高いと感じるのは私だけではないと思います。最近では月額費用が圧倒的に安いが格安スマホが人気です。

一方でスマホにはシフトせず、 ...

定額給付金12,000円の経済効果はあった?

2009年3月4日定額給付金1人1万2000円が施行されました。そのときの経済効果は、どれくらいのだったのでしょうか。

当時の定額給付金は、外国人滞在者やおなかの赤ちゃんたちも申 ...

燃料費調整制度は原油価格の変化による影響を緩和

原油が高騰すると、車のガソリンやストーブの石油等が高くなります。私たち一般消費者の生活必需品が、短期間で2倍や3倍に値上がりすると私たちの生活は苦しくなり、家計に大きな影響を与えます。

少子化対策ではない、出産育児一時金の増額の目的

「出産育児一時金」が、2009年1月から3万円上がり38万円になりました。年間の赤ちゃんの出生数が約100万人だから、300億円程度の財源が必要になります。財源が厳しい中、少子化対策の一環 ...