妊婦のおなか一覧

妊婦専用の救急車がスタート!利用するには事前登録が必要

湯河原町で出産できる病院は、2011年に閉鎖されてしましました。それ以降、町内に住む妊婦は、出産間近になると近隣の小田原市や静岡県熱海市などの病院へ行かなければならなくなりました 記事を読む

優しい帝王切開(自然な帝王切開)が出産の新しいスタイル

今までの帝王切開と比べて安全で、コストもかからず、何より母親に強い満足感を与えることができている出産方法です 記事を読む

想像妊娠で帝王切開。おなかには赤ちゃんがいなかった

日本での事例はありませんが、世界では想像妊娠での帝王切開事例が報告されています。なぜこんなことが起こってしまうのでしょうか。 記事を読む

脳死の女性から生まれた元気な男の子

夫ディランは「生まれたとき、アイバーは小さな手で私の指をつかんだんだ。彼が生まれてとても幸せだが、同時に彼女が一緒にいないことが言葉にできないほど悲しい」 記事を読む

妊婦の心をつかんだ陣痛タクシー。妊娠中のママは要チェック

2012年5月13日の母の日に「陣痛タクシー」サービスを開始した日本交通の利用者が、右肩上がりに成長。スタートから半年で登録者が1万人を超え、2013年5月末には登録者が2万人を超え、利用者が7,710人! 記事を読む

カンガルーケアの効果と事故の危険性

ユニセフが推奨するカンガルーケアは、元気な新生児の容態が急変するケースがテレビやネットで報道されるようになり、中止する施設が出てきました 記事を読む

高い技術と安全な施設の出産環境。総合周産期母子医療センター完成

毎年埼玉県では、約6万人の赤ちゃんが産まれ、治療が必要なすべての赤ちゃんをサポートできていませんでした。今回の設備は、その赤ちゃんをサポートできるようにするためです。 記事を読む

妊娠させる体を作る奇跡の49歳。秘密は樫木式トレーニング

樫木先生の84・56・84のスリーサイズは衝撃です。樫木式トレーニングを受けると妊娠する理由には、妊娠と骨盤の関係が考えられると言われています 記事を読む

日本のデキちゃった婚は結婚全体の25%。沖縄はなんと40%越え

デキ婚率の高い都道府県は、妊娠がわかったら籍を入れて結婚するわけですから、「責任感が強い都道府県ランキング」といってもいいのではないでしょうか? 記事を読む

赤ちゃんの出産時の体重が、30年前より7%も軽い理由

「小さく生んで、大きく育てる」ことが理想とされてきましたが、その考え方が見直されつつあります。低出生体重児で生まれると、将来的に生活習慣病になるリスクは高くなります。 記事を読む