子どもに使ってはいけない5つの言葉

シェアする

「よくできたね」はダメ!日常の会話の中には、子どもに使ってはいけない言葉があることをご存知ですか?

私は、子どもに口にしたことがある言葉ばかりで、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

子どもに使ってはいけない言葉その1―よくできたね

この言葉の難しいところは、子どもに投げかけるシーンを見極めて使わなければいけない点です。子どもが一生懸命がんばった結果、「よくできたね」と声をかけてあげることは、とてもいいことです。しかし、子どもがあまり努力していないときに、この言葉を使ってしまうといかがでしょうか。

一生懸命やった場合も、一生懸命やらなかった場合も、「よくできたね」と声をかけてしまうと子どもたちは、「一生懸命やると、よくできたと褒められる」の関係性を学べなくなってしまいます。またパパやママが、「よくできたね」と口にしたときだけ、「よくやった」ことなのだと思い込んで成長してしまいます。

子どもが何か目的をやり遂げたときは、「よくできたね」の代わりに、「頑張ったね」と声を掛けてあげましょう。子どもの「努力したこと」に対して言葉を投げてあげることで、目的を達成するために努力することは、目的を達成するよりも大事なことなのだと教えることができます。

子どもに使ってはいけない言葉その2―いい子ね

子どもたちは、頼まれたごとをやった後に「いい子ね」と言われると、頼まれたことをしたから「良い」と思い込んでしまいます。

この意識がすり込まれていくと、「良い子」というステータスを失うことが怖くなってしまうシナリオにつながりやすくなります。そのため、頼まれごとをされたとき、最初に良い子だと思われるようにすることを考え、行動をしてしまうようになります。

子どもが手伝ってくれたりしたときは、「いい子ね」の代わりに、「お手伝いをしてくれるから、とってもうれしいな」と言ってみましょう。この言葉は、あなたが求めている内容と子どもたちの行動が、どう影響するのかを教えてくれます。すると子どもは、共有する(手伝う)ことが「良い」ことかどうかを自分で判断できるようになり、自発的にその行動をとれるようになります。

子どもに使ってはいけない言葉その3―絵が上手ね

子どもの作品には、親の評価や判断を与えてはいけません。そうすると、子ども自身が自分の作品を判断し、評価する機会を奪ってしまうからです。

子供が絵を描いたら、「赤と青と黄色を使ってるね」「何を描いたか教えて」などのような言い方をしてみましょう。親は評価を与えるのではなく、その作品を観察してください。そしてその絵について、子ども自身に語らせるように言葉を投げかけましょう。

そうすることで自分で描いた絵を評価したり、描いた意図やスキルを共有したりする入口を作ってあげることができます。こうした会話は、子どもが成長し芸術的な才能や創造性を育てるために必要な過程です。

子どもに使ってはいけない言葉その4―いい加減に止めないと、○○だよ

子どもを脅してはいけありません。そうすることで、子どもに身につけて欲しくないスキルを教えていることになります。それは、相手が望まないときでも欲しいものを得るために、暴力や悪知恵を使えばいいということです。

子どもに何かを止めさせたいときは、別のものに目を向けさせるといいでしょう。

例えば兄弟げんかをしているときは、「弟を叩いたら、怪我してしまい大変でしょ。逆に仕返しされて今度は、お兄ちゃんが叩かれるかもしれないよ。何かを叩きたくなったら、布団やソファーなら叩いてもいいよ」と話してみましょう。

より安全で子どもが自分の感情を表現できる他の方法を伝えることで、子どものアクションに明確な線引きをしつつ、子どもの感情もきちんと認めることになります。こうすることで、より優れた自制心と精神的な安定を育てられます。

子どもに使ってはいけない言葉その5―もし○○したら、○○をあげるよ

モノで子どもを釣るのはいけません。またこの手段を子どもが覚えてしまうと、「イヤだ!このおもちゃを買ってくれなきゃ、ここから動かない!」などのようなシーンに出くわすのは時間の問題でしょう。

子どもに何かをさせたいときは、自分も一緒にその行動をとりましょう。そして、子供が一緒の行動をとったら、「○○のお手伝いをしてくれてどうもありがとう!」と言ってみましょう。心からの感謝の気持ちを伝えると、子どもたちはみずからもっと手伝おうという気になりやすいです。

まとめ

みなさんは、あてはまっていませんでしたか?
言葉の伝え方一つで、子どもの受け取り方が変わってしまいます。またその一つひとつの言葉が、その後の人格形成にまで多大な影響を及ぼしてしまうと考えると、改めて子どもにとって親の存在が大きなものだと感じさせられました。何でも吸収する幼児期は、特に言葉の選択を間違えないようにしなければなりませんね。

シェアする

フォローする