2018年4月から妊婦専用救急車の運用開始

2018年4月から日本で初めての「妊婦専用救急車(マタニティサポート911)」が実施されます。

一般的に救急車は、ケガ人や病人を医療施設まで迅速かつ安全に搬送する車です。いわずと知 ...

今までの帝王切開にはない、母子の絆を高める効果優しい帝王切開(自然な帝王切開)とは?

イギリスとアメリカでは、これまでなかった帝王切開が浸透しはじめています。それは、優しい帝王切開(=自然な帝王切開)と呼ばれるものです。

今 ...

想像妊娠は検査薬に反応しないはずなのに、帝王切開?現実に起きた想像妊娠での帝王切開事例

日本での事例はありませんが、世界では想像妊娠での帝王切開事例が報告されています。なぜこんなことが起こってしまうのでしょうか。

2013年12月 ...

生命維持装置により延命された妊婦から、赤ちゃん誕生

あるカナダ人女性が、妊娠22週目(5ヶ月)で倒れ、脳内出血による脳死と判定されました。

しかしその後2014年2月8日夜、アイバーくんと名づけられた男児を出産しました。

タクシー会社のサービスが妊婦にやさしくなる

みなさん陣痛タクシーってご存知ですか。
陣痛がはじまったときに、優先的に配車してくれるタクシーサービスです。

ほとんどの会社が登録料無料で、運賃も通常のタクシーと同じです。 ...

カンガルーケアの言葉が招く、安全面での問題点

「カンガルーケア」の言葉を初めて聞いて、何を思いますか?

「赤ちゃんが危険な状態になってしまう可能性があるケア方法」だと思う人はいないのではないでしょうか。カンガルーケアは、死ん ...

これまで治療できなかった赤ちゃんをサポート

川越市の埼玉医科大学総合医療センターは、総合周産期母子医療センターを2013年1月17日に完成しました。

ここでは高齢出産、未熟児や出産リスクの高い妊婦を受け入れる設備が、世界最大 ...

美しいボディラインは樫木式カーヴィーダンスにお任せ

少子化、少子化と言われているけれども芸能界は、出産ラッシュ中です!その陰には、妊娠請負人と呼ばれる仕掛け人がいました!

近年妊娠を発表した芸能人は、山田まりや、中澤裕子、小 ...

昔と違うデキちゃった結婚の考え方

デキちゃった婚とは、結婚してから10月10日以内に赤ちゃんが生まれることをいいます。(厚生労働省の発表では、結婚期間が妊娠期間より短い出生。)

デキ婚率の一番高い沖縄県では、40%以上と報告 ...

新生児の体重が下がり続ける理由とは?

毎年出産時の赤ちゃんの体重が軽くなっています。

1年単位で比較するとその変化は、気になるほどではありません。しかし、ピーク時の1980年から比べると、体重は約7%(200グラム)も軽くな ...