抗うつ剤パキシル。妊娠中に服用すると新生児に影響

パキシル妊婦が気をつけなくてはいけないものは、食べ物だけではありません。薬を飲む場合も注意が必要です。

妊娠中は、パキシルは控えた方が無難かもしれません。

異常報告突出

一般的によく使われている、抗うつ剤「パキシル」を服用した妊婦から生まれた新生児について、先天異常を含む副作用被害報告が8年間で約30件あったことが、民間医薬品監視団体の調査で分かりました。

同種の他の抗うつ剤と比べ報告数が突出しているとして、厚生労働省は、販売元のグラクソ・スミスクラインに、実態調査と添付文書の改訂を要望しました。

パキシルとは?

パキシルは2000年11月に国内で発売開始。2007年の売上高は抗うつ剤でトップの約500億円。08年度までに国に寄せられた副作用報告に、新生児の心臓の一部が欠損する先天異常が7件、生まれた直後に痙攣(ケイレン)や呼吸困難などを起こす「新生児薬物離脱症候群」が21件。

流産や子宮内胎児死亡の報告もありました。他の抗うつ剤では、先天異常の報告はなく、離脱症候群も同期間で数件とのことです。

海外では警告されている薬

米国では05年12月、添付文書の「警告」欄に妊婦への慎重な投与を求める記載が加えられ、 日本でも添付文書の「使用上の注意」欄に同様の記載がありますが、警告では触れていません。

厚労省安全対策課とグラクソは「日米の添付文書の書式の違いの問題で、現行で必要な情報は入っている」とのことです。