代謝が良いと髪の毛が早く伸びる!まつ毛や眉毛、爪にも影響あり

新陳代謝がいいと髪やまつ毛、爪が速く伸びる!?

代謝が良いと髪の毛が早く伸びる

新陳代謝とは?

私たちの体は、人によって程度はありますが、絶えず新陳代謝を繰り返しています。基本的に若い人ほど新陳代謝は活発に行われ、年を取るにつれて、その体の働きは弱まっていきます。また代謝は、普段から体を動かしている人ほど、新陳代謝が活発になります。

若いときに太りにくかったり、運動している人ほど肌が若々しく見えるのは、新陳代謝が活発に行われていることが要因の一つです。

ここで改めて新陳代謝とは、「体でどんなことが起きているか」知っていますか。

新陳代謝とは体が新しいモノ(皮膚など)を作り、古いモノと入れ替わる(=ターンオーバー)ことです。体から垢が出るのは、新しく皮膚が作られ、古い皮膚(角質)が体から出ていっているためです。

代謝が活発なほど髪が伸びる!

髪の毛はほぼタンパク質、その他に水分や油分の成分で構成されています。髪が伸びるのは、毛根の毛母細胞が細胞分裂を行った後に角質化され、それが髪の毛となり伸びていきます。

角質の垢の違い

角質はキレイなイメージがないように思われがちですが、垢とは違います。肌においてもそうですが、角質が肌から剥がれた状態を「垢」と呼びます。そして「垢」も、汚いイメージがあり、不要なものに思われがちですが、そうではありません。

垢は皮膚を紫外線や菌、空気のよごれから守ってくれています。ただ垢が溜まりすぎると、皮膚にはよくありません。そのため私たちは運動をして汗をかいたり、お風呂に入ったりして、適度に垢を落とすルーティーンを自然に行っています。

皮膚のターンオーバーは場所によって違いはありますが、1サイクル約28~56日で行われています。髪の毛でもターンオーバーのようなサイクルがあり、成長期と退行期を繰り返します。

髪の伸びるスピード

髪の毛は1日に0.03~0.04mm、1ヶ月で1cm前後の速さで伸びます。季節によっては、もっと伸びるのが速くなったり、遅くなることがあります。

気温の高い夏は、髪が伸びるスピードが速くなり、逆に気温の低い冬は、遅くなります。理由は、夏の方が新陳代謝が活発になり、同じように毛母細胞も活発になるためです。

髪が伸びるスピードが早い人の特徴

髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂することで伸びています。髪の伸びるスピードは、この細胞分裂を活性化させることで、早く髪が伸びるようになります。

毛母細胞が細胞分裂の活性化には、以下の6つの外部要因が関係しています。

1.年齢

年を取ることによって、代謝は落ちていきます。肌の老化と同じで、髪が伸びるスピードが落ちていきます。

2.睡眠

睡眠不足は、髪の毛にとって最悪です。タンパク質の合成を促進させる成長ホルモンは、髪の成長にはかかせません。その成長ホルモンは、寝ているときが一番多く分泌されます。

また睡眠をとっていても、不規則な生活をしていると成長ホルモンの分泌を抑制してしまうので、規則正しい生活を送りましょう。

3.食事

髪の毛に良い食事は、髪を作るための成分である「たんぱく質」や「ビタミン」、「ミネラル」をしっかりとることです。毎日のバランスとれた食事が大切です。

4.運動

日常生活で体を動かすことがないと、代謝が悪くなりがちです。成長ホルモンの分泌は、睡眠のときと同じくらい、運動をしているときも分泌されます。

5.洗髪

毛穴が皮脂や頭皮の油などで詰まってしまうと、毛根の成長を妨げてしまいます。それにより、毛母細胞の細胞分裂が減少し、髪の毛が伸びるのが遅くなります。

6.その他

タバコや一定量以上のアルコールは、血の流れを悪くさせたり、体に害を与えることにつながります。体の働きが弱まると、毛母細胞が毛細血管から栄養を効率よく受け取ることできなくなります。その結果、髪の毛が伸びるのが遅くなります。

代謝はまつ毛や眉毛、爪も伸ばす

新陳代謝が影響を与えるのは、髪の毛だけではありません。まつげや眉毛、手足の毛や爪、わき毛なども新陳代謝と関係しています。

それらの伸びる(成長する)仕組みはも髪の毛と同じで、代謝が活性化されるほど、その成長スピードは早くなります。

ちなみにまつげや眉毛は、限界まで伸びると成長が止まります。髪の毛も同じで、限界まで伸びれば成長は止まります。髪の毛の成長は7年ぐらい続き、1mぐらいまで伸びるそうです。

新陳代謝を上げれば、髪は伸びる

髪の毛やまつ毛、眉毛などの成長を促すためには、新陳代謝が大切なことは、ご理解いただけたと思います。髪の毛やまつ毛を伸ばしたい場合は、何をしたら新陳代謝が高くなるかをご紹介します。

1.食事で代謝を上げる

カプサイシン

唐辛子に含まれるカプサイシンは新陳代謝を高めることで知られています。キムチやキムチ鍋など、唐辛子を使った食事メニューを取り入れることでその効果が期待できます。

カプサイシンが新陳代謝を高めるといっても、必要以上に取りすぎても意味はありません。目安の量は、1日に赤唐辛子か青唐辛子をテーブルスプーン1杯ほどです。

鉄分

定期定期に起こる生理が、代謝に良くない影響を与えていることは言うまでもありません。鉄分不足なると体(筋肉)に十分な酸素が届かず、その結果、代謝が悪くなります。日常的にレバーや赤身のお肉などを食べるようにしましょう。

たんぱく質を多く含む魚は、エネルギーを消費する筋肉を作ります。同時に髪に最も必要なたんぱく質も摂取することができます。

2.筋トレで筋肉量を増やす

筋肉量が多い人は、基礎代謝が高くなり、自然と新陳代謝も高くなります。少し大げさかもしれませんが、体を鍛えることは、髪の毛を伸ばすための手段の一つと考えてもいいかもしれません。

また筋肉量が増加すると、全身に栄養を運ぶ血液、リンパ(老廃物などを回収する)の流れが促され、さらに新陳代謝が上がります。

3.体温を上げる

お風呂に入ることは、体温を高める有効な手段です。そのとき効率よく体を温めるには、40℃以下のぬるめのお湯で、15分を目安に湯船に浸かりましょう。毎日のシャワーをお風呂に変えるだけで、代謝を上げることができます。

▼体温アップの人気記事です!よかったら、合わせてどうぞ

体温を1℃上げて冷え性を改善!脂肪燃焼や免疫力アップ効果

スポンサーリンクと関連コンテンツ