諸費用の例。3,000万円のマンションを購入した場合

マンションの諸費用産後の生活設計

3,000円の物件をリアルに考える

マンションの諸費用

3,000万円の新築マンション購入にかかる税金

固定資産税評価額は、土地:2000万円/建物:1000万円

売買契約印紙税1万5000
登録免許税土地8万3000建物1万5000
不動産取得税00
固定資産税1万10007万0000
都市計画税50003万0000
合計22万9000

中古住宅物件だった場合は、仲介手数料96万です。
※登記簿上50㎡以上とします。

2,400万円のローン費用

頭金600万円、住宅金融公庫融資2000万円、年金融資400万円

ローン契約印紙税公庫2万0,000年金1万0,000
抵当権設定非課税4,000
ローン手数料4万6,2000
保証保険料31万0,5008万5,000
団体信用生命保険料5万6,2001万1,240
火災保険料5万1,900
地震保険料5万1,900
合計61万7,140

ローンは借りれる上限金額ではなく、返済できる上限金額設定

ローンの支払いはマイホームを購入した後も、日常生活の教育費や車などかさ支払いは待ってくれません。これから10年、20年と生活していく中で貯蓄は必ず必要です。

そのために年間の返済額は年収の25%までに抑えておくことが無難です。マイホームを手にしたのにもかかわらず、お先真っ暗な苦しい生活はできれば避けたいですよね。ローン破綻にならないようにするためには、よく考えて計画的なローンを組ましょう。

借り入れ限度額(ローン)計算方法
(毎月の返済額の限度)÷100万円あたり返済額×100万円
=ほぼ問題ないなく返せるローン金額

100万円あたりの返済額

金利(%)20年返済25年返済30年返済35年返済
2.05,0584,2383,6963,312
2.45,2504,4353,8993,521
2.85,4464,6384,1083,737
3.25,6464,8464,3243,960
3.65,8515,0604,5464,191
4.06,0595,2784,7744,427

年収400万、年利2.8%、35年返済ローンの場合

年収400万円の25%は100万円 100万÷12ヶ月=毎月8万3,333円が返済額の限度
8万3,333円÷3,737×100万=約2,230万円までは、一般的に無理のないローン返済になります。
※ボーナス払い無し

▼マンションの諸費用を知りたい方は、下記URLにてイラスト入りで説明!

URL:http://info-graphic.me/habitation/229

コメント

タイトルとURLをコピーしました