幼児教材ドッツカード。幼児教育定番アイテム

シェアする

ドッツカードは計算方法を学ぶ左脳の教育ではない

幼児教育定番ドッツカード

ドッツカードの目的と効果

ドッツカードの目的は、「数」の概念を視覚的に認識させるものです。「ドッツ」とは点のことです。

例えば、点が50個書かれたカードと、51個書かれたカードがあるとします。大人に「50個のカード」はどっち?と質問して、正確に即答できるでしょうか?おそらく、難しいでしょう。

即答するとカン頼りになり、正確に答えようとすると時間がかかってしまいます。ドッツカードはそれを可能にするためのトレーニングです。

さらに、いくつもの「ドッツ」が書かれたカードを瞬間的に見せ続けることで、そこにいくつの「点」があるかわかるようになります。

またドッツたし算・ひき算・かけ算・わり算が直感的に判断できるようになります。数の概念や計算方法を学ぶ左脳的な教育を行うわけではなく、子供は遊び感覚で学べるのが、ドッツカードのすばらしい点です。

ドッツカードの使い方

1から100までの赤○のついたドッツカードを作り(購入してもOK)、1日ごとにドッツカードの見せる範囲を決めて、日ごとに数を増やして繰り返し見せ続けます。

1日ごとに増やすドッツカードの数の増やし方、1日で最低行う回数などは、いろいろな先生の教えによって違います。基本的には、以下のようなスタイルでドッツカードを使用します。

あるドッツカードの使い方の例

初日から5日目までは、0~10までのカードを見せる。6日目からは2~11、11日目からは、6~12・・・・・と日を追うごとにカードをずらしていきます。

この方法でいくと100まで到達するのにかかる日数は455日です。基本ルールとして、最低1日1回は必ず行うことが約束です。

ドッツカードはいつから始める?

ドッツカードを始めるにあたって、推奨年齢が約6ヶ月から2歳前後といわれています。しかし、2歳前後で始めると子供の方が飽きてしまい、カードを見なくなることも多いようです。

またドッツカードを始めても、親が挫折してしまうケースも多いようです。ドッツカードを行うタイミング、継続性、学習法の性格的な不一致等様々な理由があると思いますが、チャレンジされる方は気長に取り組んでみてください。

シェアする

フォローする